百日咳

子供が「百日咳」に・・・原因や症状、ママにできるケアは?

発作のような咳が長い期間続く百日咳。まれに重症の合併症を起こすこともあるため注意が必要です。ワクチン接種をしていても、時間が経って免疫力が落ちてくると感染することがあります。百日咳の原因や症状、治療方法について解説します。

百日咳とはどのような病気なのでしょうか?

百日咳は細菌性の呼吸器の感染症で、痙攣性の咳の発作が1~3カ月続きます。ワクチンの接種により予防できます。5歳未満の子供に多く見られ、ワクチン接種前の赤ちゃんや接種歴のない子供は感染に注意が必要です。また、小さい頃にワクチンを接種していても徐々に免疫力が落ちてくる学童期以上の子供や大人も感染することがあります。
赤ちゃんでは肺炎や脳症などの合併症を起こすことがあり、怖い病気です。

百日咳の原因と症状

百日咳の原因は百日咳菌という細菌です。この菌が気道に感染すると発作性の咳が出るようになります。感染経路は菌を持っている人の咳やくしゃみの飛沫感染や接触感染です。
百日咳にかかると、約1週間の潜伏期間ののち、咳や発熱、頭痛など軽い風邪のような症状が出ます。1~2週間このような症状が続いた後、次第に発作性の咳が出るようになり、2~3週間で少しずつ回復に向かいます。
幼児では連続した短い咳が続き、咳の合間に息を吸う時のヒューという音がするのが特徴です。喘息の発作とも似ていますが、喘息の場合は息を吐く時にヒューという音が出るので見分けがつきます。咳の発作は夜間に出やすく、嘔吐やチアノーゼが見られることもあります。6カ月未満の乳幼児では咳が出ず、呼吸が止まったりチアノーゼだけが現れることがあり重症化しやすいので注意が必要です。様子を見て必要であればすぐに病院を受診しましょう。学童期以上の子供や大人では咳がよく出るだけ、という症状が続きます。

百日咳の治療法とママにできるケア

治療にはマクロライド系の抗生剤を服用します。いわゆる咳止めは効きません。
家庭では、安静にして、できるだけ咳の発作が起きないようにホコリや部屋の乾燥、温度差などに気をつけます。咳の発作が出ている時は体を起こすと楽になるので、赤ちゃんは縦に抱っこしてあげましょう。食事や授乳の後も咳が出やすくなるので、一度で満腹になりすぎないように何回かに分けてあげるとよいでしょう。特に赤ちゃんは呼吸が止まったりしていないか、注意して見てあげてください。

百日咳の予防法

百日咳の予防のためには、ワクチン接種が一番です。赤ちゃんは重症化することもあるため、生後3カ月になったらすぐに三種混合ワクチンを接種してください。まわりに百日咳にかかっている人がいたら、マスクや手洗いなどで感染を予防しましょう。

百日咳にかかっていてもそれほど強い症状がなく気付かずに感染を広げている場合もあります。感染すると重症化しやすい赤ちゃんは、人混みを避け咳が出ている人の近くに連れて行かないなど日ごろの生活でも気をつけましょう。もし感染した場合は、周囲の人にうつさないように配慮することも大切です。


2015/10/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事