アクティブバース

私らしい自由な出産!「アクティブバース」ってどんなもの?

出産の際、分娩スタイルは何を考えていますか?ラマーズ法や無痛分娩、こだわりがある人も多いと思います。今回は数ある分娩方法の中でも妊婦さんが主体となって分娩を行う、アクティブバースについてご紹介致します。気になる方はアクティブバースを実施している産院を探してみてくださいね!

アクティブバースとは?

アクティブバースとは出産スタイルの一つであり、妊婦さんが主体となって一番リラックスできるスタイルを自分で決定し分娩に臨む方法です。呼吸法やポーズには決まりはありません。陣痛時の過ごし方も自由です。また通常の出産は仰向けですが、アクティブバースでは、うつぶせや四つん這い等楽なスタイルを妊婦さんが選ぶことができます。

助産院の多くはアクティブバース方式を取り入れています。フリースタイル分娩もアクティブバースの一つです。医療との関わりを必要最小限に抑えて自分が出産スタイルを考えることにより、満足できるお産ができると言われています。

アクティブバースをオススメする妊婦さんのタイプは、家族と共に満足できるお産を望む妊婦さんや、出産に対して積極的に勉強ができる妊婦さんです。また、夫をはじめとした家族の理解も必要となります。また助産院や自宅出産ではお母さんや赤ちゃんに異常があった場合に対応が遅れる危険があるため、お産や妊娠中の経過に不安を抱える妊婦さんにはオススメできない出産スタイルと言えるでしょう。

アクティブバースでの出産ポーズとは?他と何が違うの?

アクティブバースの出産ポーズには様々あります。代表的な例を挙げると、横向きやしゃがみ姿勢、四つん這いや、立ったままの状態等、妊婦さんの楽な姿勢で出産可能です。その他、安心感を持てる等の理由で夫につかまる姿勢もアクティブバースではOKとなります。広い意味では、水中出産もアクティブバースの一つです。

その他の出産スタイルとしては、ソフロロジー式と呼ばれるヨガの瞑想法やイメージトレーニング、呼吸法を用いた出産や、ラマーズ法と呼ばれる呼吸に集中することで陣痛の痛みを和らげる方法等があります。ラマーズ法は母親学級等でも良くレッスンを受ける方法で、日本では主流の出産スタイルの一つです。

また、陣痛の痛みは感じないようにしつつ、意識を保って出産することのできる無痛分娩を実施している病院があります。無痛分娩は、麻酔を使って痛みを感じないようにするスタイルです。実施している病院は限られているので、事前に病院に確認する必要があります。

アクティブバースとは、それを希望する妊婦さんと家族にとっては、自然で満足できる出産スタイルです。しかし医療との関わりが少なくなる場合があるため、妊婦さんは出産についての知識をしっかりと身につける必要があります。また、それまで何も問題がなくても出産の際は思わぬ異常が起こることがあります。出産前後の異常や緊急事態の際に大病院との連携が遅れ、お母さんや赤ちゃんが危険な状態になるリスクはゼロではありません。出産に少しでも不安要素がある場合には、オススメできない出産スタイルです。もしも、自分らしい出産を目指したいと思い、妊婦検診でも何も問題が無い場合には、アクティブバースを検討してみてはいかがでしょうか。きっと素敵なお産が実現できるでしょう。


2015/10/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事