基礎体温

妊娠のタイミングは基礎体温を測ればわかる?

赤ちゃんが欲しい!と思ったらチェックしておきたい基礎体温のこと。基礎体温は大切な体の情報です。基礎体温とは何だろう?いつ測るの?妊娠しやすい時期っていつだっけ? 今さら聞けないというあなたに、基礎体温についてお伝えします。

基礎体温とは?

基礎体温は目覚めてすぐの安静時の体温のことです。基礎体温は目覚めてすぐ、横になったままの状態で口の中(舌下)で毎日一定時刻に測ります。多くの場合には、生理が始まってから次の生理がくるまでの期間に一定のリズムがあります。基礎体温のリズムを知ることによって排卵日、妊娠のタイミング、妊娠の有無、または婦人病などの早期発見につながります。就寝前には、起床時にすぐ測ることができるように、ベッドから手の届くところに体温計を用意しておきましょう。

3つの周期で体のリズムを知ろう

基礎体温は女性ホルモンによって変化します。基礎体温では低温期、排卵日、高温期というリズムがあります。低温期は卵子を育てる卵胞期とも言います。卵胞期に育てた卵は毎月1つずつ排卵日に排卵します。排卵日の次には高温期に変わります。高温期は受精卵を着床させ妊娠を維持させるためホルモン(黄体ホルモン)が出るため、高温期のことを黄体期とも言います。

周期は低温期が約2週間、排卵日、高温期が約2週間となります。妊娠をしていなければ高温期のあとに生理が始まり低温期へと、生理から次の生理までの間で同じリズムを繰り返します。毎日基礎体温を記録していくと、どの周期なのかが把握できます。

低温期と高温期の温度差は0.3度から0.5度位あれば大丈夫です。睡眠やストレスなどで温度が変化することもあります。基礎体温をグラフにしたときに低温期と高温期の2層に分かれるのであれば問題ありません。しかし低温期が長い、高温期が短い、2層に分かれないなど疑問を感じるようでしたら、一人で悩まずに早めに婦人科を受診しましょう。

赤ちゃんが欲しい人は

低温期と高温期の間にある、排卵日を知ることが大切です。卵子が受精可能な時間は排卵されてから6~8時間程度と考えられています。また精子の寿命は3~4日程度と考えられているため、赤ちゃんが欲しい人は、出来れば排卵日の3日前~当日に夫婦関係を持つことで妊娠しやすくなります。無事に卵子と精子が受精し妊娠に至ると、黄体ホルモンが分泌され続ける影響から高温期が続きます。妊娠の初期症状が早めに出る人もいらっしゃいます。体の中では新しい命が芽生え、赤ちゃんになる準備が着々と始まっていますので、とても重要な時期になります。今までとは違う体調の変化を感じる場合は、婦人科を受診しましょう。


2015/10/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事