喫煙・副流煙

妊娠中の喫煙が赤ちゃんに及ぼす影響と禁煙の方法

妊娠中の喫煙は、赤ちゃんにも母体にも良くない、ということはよく知られています。自分で気をつけるのはもちろん、喫煙者が家族にいる場合、副流煙が赤ちゃんに影響を及ぼすこともあります。ここでは知っておきたいタバコの害のことをお伝えします。

副流煙もキケン!

社会的に禁煙ムードが高まり、たくさんの人が健康に気をつけるようになってきました。男女問わず禁煙に励んでいる人も多いのではないでしょうか。
昔から、妊婦さんや妊娠を考えている方は禁煙をしたほうが良いと言われています。ではなぜ、妊婦さんが禁煙をしなければならないのでしょう。

喫煙している女性の場合、タバコを吸わない女性よりも不妊症や子宮外妊娠、流産を引き起こす確率が高いとされています。妊娠中にも母体へのさまざまなリスクがある他に、赤ちゃんが奇形や低体重児になったり、産後も喫煙を継続することで赤ちゃんが喘息や肺炎など呼吸器系の病気にもなったりしやすくなります。妊婦さん自体が喫煙をしない場合でも、家族からの受動喫煙でリスクが高まると言われています。

タバコに含まれるニコチンは母体の血管を収縮させ、血液を流れにくくさせます。子宮に血液の流れが行き渡らなくなると、赤ちゃんの成長を妨げてしまいます。赤ちゃんはお母さんの血液から酸素や栄養を運んでもらって成長しているため、その中にニコチンという毒も流れてしまうことになります。胎内でタバコの害にさらされて育った赤ちゃんは、将来肥満や成人病になる確率も高いと言われています。

禁煙にチャレンジ

タバコを吸っている人は、ニコチンという薬物の依存状態にいます。禁煙はその依存を断ち切ることです。赤ちゃんへの影響、お母さん自身への影響など、それぞれのリスクが高いことを考えてみませんか。まずはいつ、どんなタイミングで自分がタバコを吸いたくなるのかを整理してみると良いでしょう。また、これまでタバコを吸って過ごしていた時間を別の行動に変えてみてはいかがでしょうか。タバコを吸っている人を見ると吸いたくなってしまいますので、なるべく喫煙所に近づかないなど、まわりの環境も変えるようにします。家族が喫煙者の場合にも、協力してもらうことが必要です。

1日でも早く禁煙しよう

妊娠を望む女性でしたら、できるだけタバコを吸わないように心がけたいですね。妊娠してから止めようと思っていても、妊娠に気がつくのが遅くなるとその分だけ赤ちゃんに影響があります。卵子は受精卵になると速いスピードで細胞分裂をします。脳や神経などのとても大切な部分が作られ始めます。赤ちゃんへの影響を少なくしたいのでしたら1日でも早く、妊娠する前に禁煙をすることが大切です。

自分一人で禁煙することが難しいと感じた場合は病院で禁煙治療を受けることが出来ます。’禁煙外来’を受診して相談してみましょう。禁煙の治療は日々進歩しており、禁煙補助薬と呼ばれる飲み薬を内服することで禁煙が成功する可能性がぐっと高まります。また同居する家族が一緒に禁煙することでさらに成功率が高くなり、赤ちゃんへの影響もより減らすことが出来ます。喫煙者で妊娠を希望する女性は一度家族で話し合い、一緒に受診してみてはいかがでしょうか。


2015/10/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事