双子

双子や多胎児って?一卵性と二卵性の違いとは

双子でも顔が似ている場合と、似ていない場合や、性別が男女の場合など、様々なケースが見られます。これは一卵性と二卵性の違いによるものです。また、多胎児という言葉を聞いたことはありますか?一卵性と二卵性の違い、多胎児、その出産リスクについて説明します。

双子や多胎児には4種類ある?一卵性と二卵性の違いは?

双子には大きく分けて2種類あります。一卵性と二卵性です。一卵性双生児とは、1つの卵子に1つの精子が受精します。そこまでは普通の受精と変わりませんが、受精したあとに受精卵が2つに分かれることで一卵性双生児が誕生します。そのため性別もDNAなどもすべて一緒になり、とてもそっくりな子供が生まれます。二卵性双生児の場合は1つの卵子に1つの精子が受精します。その受精卵が2つある状態が二卵性双生児になります。そのため、性別や血液型も異なることがあり、男女の双子も生まれます。

しかし多胎児の種類は2種類だけではありません。一卵性と二卵性の中から更に4つの種類に分かれていきます。

一卵性の場合には「一絨毛膜二羊膜」と「一絨毛膜一羊膜」があります。「一絨毛膜二羊膜」は「MDツイン」とも呼ばれ、胎盤を共有し、外側の絨毛もひとつになり、羊膜がそれぞれにあるものになります。一卵性の中の6〜7割を占めるとも言われています。次に「一絨毛膜一羊膜」です。「一絨毛膜一羊膜」は「MMツイン」とも呼ばれ、胎盤も羊膜も1つになり、多胎児妊娠のなかで1%以下と言われているほど稀な妊娠のケースです。そのため、かなりハイリスクな妊娠となっています。

二卵性の場合には「二絨毛膜二羊膜」と「二絨毛膜二羊膜・融合胎盤」があります。「二絨毛膜二羊膜」は「DDツイン」とも呼ばれ、基本的には二卵性にのみ見られるのですが、一卵性の場合にも稀に妊娠のかなり初期に分離した場合に、「二絨毛膜二羊膜」となることもあります。「二絨毛膜二羊膜」は胎盤、羊膜それぞれ別々に個別にあるため、双生児妊娠においては比較的リスクが低いようです。

最後に「二絨毛膜二羊膜・融合胎盤」は、胎盤が融合してしまい、胎盤を共有しながら別々の羊膜がある状態になります。一卵性の3~4割はこの「二絨毛膜二羊膜・融合胎盤」です。

双子や多胎児のリスクは知っていますか?

双子や多胎児の妊娠には、「切迫早産」や「胎児不均衡発育」、「双胎間輸血症候群」や「貧血」など様々な問題もあります。
「切迫早産」は、通常の妊娠よりもお腹が大きくなり30週前後でも、単胎児の40週ほどのお腹の大きさになるため、お腹が張ったりすることがあります。出産までの期間が長い場合、切迫早産と診断されることも多いです。
「胎児不均衡発育」は双子の体重差が15%から25%以上生じることを言います。体重差があっても出産の時期は同時であることが多いので、出産時期を決めるのが難しくなるのです。

「双胎間輸血症候群」はTTTSと呼ばれることもあります。胎盤を共有する一絨毛膜双胎などでおこります。双子の両胎児の間で血液が行き来して、血液の循環を共有してしまうことを指します。多血症やうっ血性心不全、羊水の過多や過小など様々な問題が浮上してきます。
「貧血」は単胎児の場合にも起こりますが、双子や多胎児の場合はより起こりやすくなります。妊娠中は血液中の水分量が通常よりも多くなるため、血液が薄くなってきます。双子や多胎児など多くの鉄分を供給しなければならなくなるため、貧血になりやすくなります。

ここであげた以外にも様々なマイナートラブルが妊娠には伴います。双子や多胎児の場合はより大きなリスクが伴うために、周りの理解や協力が必要になります。

具体的には絨毛膜と羊膜の数で分類され、「一絨毛膜二羊膜」・「二絨毛膜二羊膜」・「二絨毛膜二羊膜・融合胎盤」・「一絨毛膜一羊膜」があります。「一絨毛膜二羊膜」は「MDツイン」とも呼ばれ、胎盤を共有し、外側の絨毛もひとつになり、羊膜がそれぞれにあるものになります。一卵性の中の6〜7割を占めると言われています。「二絨毛膜二羊膜」は「DDツイン」とも呼ばれます。

二卵性は基本的に「二絨毛膜二羊膜」になりますが、一卵性の場合でも妊娠のかなり初期に分離した場合に、「二絨毛膜二羊膜」となります。「二絨毛膜二羊膜」は胎盤、羊膜それぞれ別々に個別にあるため、双生児妊娠においては比較的リスクが低いようです。「二絨毛膜二羊膜・融合胎盤」は、「二絨毛膜二羊膜」であったものが胎盤が融合してしまい、胎盤を共有しながら別々の羊膜がある状態になったものです。

一卵性の3~4割はこの「二絨毛膜二羊膜」や「二絨毛膜二羊膜・融合胎盤」です。「一絨毛膜一羊膜」は「MMツイン」とも呼ばれ、胎盤も羊膜も1つになり、多胎児妊娠のなかで1%以下と言われているほど稀な妊娠のケースです。そのため、かなりハイリスクな妊娠となっています。
一卵性はこれら4種類のいずれにもなりえますが、二卵性の場合には「二絨毛膜二羊膜」か「二絨毛膜二羊膜・融合胎盤」になります。


2015/10/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事