インフルエンザ

2015/10/08

子どものインフルエンザの症状と原因、ママにできる予防法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子どものインフルエンザの症状と原因、ママにできる予防法

インフルエンザは感染力が強く、毎年冬に大流行します。症状は風邪に似ていて、高熱や悪寒などの症状が数日続くのが特徴です。乳幼児の場合は特に重症化しやすく、脳症などの合併症に注意し、早めのケアが必要です。子供のインフルエンザの特徴やおうちで出来る対応などについてまとめました。

インフルエンザってどんな病気?症状は?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染してかかる病気です。感染力が非常に強く、毎年冬に大流行します。1~3日の潜伏期間を経て、急に40度近い高熱で発症することが特徴です。発熱と同時に、頭痛や喉の痛み、全身の倦怠感や関節痛などの症状が出ます。吐き気や下痢などの症状を伴うこともあります。風邪と症状が似ていますが、まったく別の病気です。

乳幼児の場合は、機嫌が悪くなったり、元気がなくなりグッタリします。大人に比べて免疫が弱いため、重症化しやすく注意が必要です。合併症としては、肺炎や中耳炎、気管支炎などがあります。稀ですが、インフルエンザ脳症を起こすこともあります。合併症を起こさなければ、1週間ほどで熱は下がります。

インフルエンザの原因は?

インフルエンザの原因はインフルエンザウイルスで、主にA型(A香港型・Aソ連型・新型)、B型の2つの型があります。やっかいなことに、インフルエンザウイルスは、毎年流行するウイルスの性質が変わります。そのため、インフルエンザにかかって体内に抗体ができても、次の流行の時にはウイルスの性質が変わっているので、抗体では対応できずに、繰り返しウイルスに感染してしまいます。

ママにできるインフルエンザの予防法は?

インフルエンザの感染を防ぐためには、大人も子供も予防が大切です。家にウイルスを持ち込まないように、家に帰ったら、うがい&手洗いを必ず行いましょう。インフルエンザが流行している時は、人ごみに出かけない、マスクをするといった予防策も効果的です。

また、インフルエンザの予防接種を受けておけば、もしかかっても重症化を防ぐ効果があるので、流行前に、家族全員で接種しておくと安心です。13歳未満が受ける場合は、毎シーズン2回接種が必要になります。

インフルエンザにかかったら

インフルエンザかな?と思ったら、すぐに小児科を受診しましょう。小児科によっては発熱患者は入り口や待合室が別である場合があるため、受診前に電話で症状を話して確認すると良いでしょう。
検査でインフルエンザと診断された場合、抗インフルエンザ薬による治療が可能です。多くは自然に軽快する病気であり、抗インフルエンザ薬による治療は必須ではありませんが、幼児など重症化リスクの高い患者については抗インフルエンザ薬の使用により重症化を防ぐ効果があるとされ、使用が推奨されています(日本小児科学会)。
またインフルエンザの場合、使用する解熱剤の種類により嘔吐や意識障害、けいれんなどの症状がみられる重い合併症(ライ症候群)が起こる可能性があります。解熱剤は安易に市販のものを使用せず、必ず小児科で処方してもらったものを使いましょう。

インフルエンザのホームケア

インフルエンザにかかったら、解熱剤などの薬を服用して、安静に過ごし、回復を待ちます。

高熱の時は汗をかき、体から水分が奪われるので、脱水症状が心配です。麦茶や湯冷まし、イオン飲料などで、こまめに水分補給しましょう。おしっこの回数が減った場合や、くちびるが乾いている時は、脱水を起こしている可能性があります。急に水分を与えると脱水の場合吐いてしまう事があります。一口くらいずつの少量を複数回に分けて少しずつ与えましょう。

発症から2~3日経っても熱が下がらなかったり、かえって症状がひどくなる場合は、肺炎などの合併症を起こしている心配があります。すぐに病院を受診しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加