アトピー性皮膚炎

子どものアトピー性皮膚炎の症状と原因について

アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんから大人まであらゆる年代に見られる皮膚の病気です。強いかゆみと湿疹が全身に生じ、慢性化しやすく、生後2ヶ月以降から発症します。小さな子どもにとって、つらい症状を伴うアトピー性皮膚炎とママはどう付き合っていけばよいのでしょうか。

アトピー性皮膚炎の原因って?

両親や血縁関係者の中にアトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー性鼻炎や結膜炎、ぜんそく、じんましんといった病気を持つ人がいると遺伝的にアレルギーを起こしやすい素因を持っているとされています。また、皮膚が乾燥しやすく、刺激に弱いという皮膚そのものの素因や、食物、ダニ、ほこり、カビなどアレルギーの原因となるものや、発汗、細菌、かゆみによる掻き壊し、ストレスまでもが関係し、さまざまな原因が重なり合って発症します。

どんな症状が起こるの?

乳幼児期は、顔面のじゅくじゅくした症状から全身に広がり、乳児脂漏性湿疹と区別がつきにくいことがあります。年齢によって症状の起こりやすい部位は違い、多くは学童期までに自然と症状が軽くなります。なかには、思春期以降、大人になっても症状が続くこともあります。

乾燥肌が目立ち、顔、耳周り、首、手、足、関節部分などに赤い湿疹が生じたり、患部がじゅくじゅくしたり、症状が混ざってみられることもあります。いずれもかゆみの強い湿疹で、改善と悪化を繰り返すことにより、皮膚が厚くなります。

アトピー性皮膚炎は季節によって症状が変化することがあり、皮膚が乾燥しにくい夏に症状が軽くなる場合が多いのですが、発汗や細菌の影響で悪化する人もいます。

ママが子どもにしてあげられるケアとは?

皮膚の炎症をコントロールしながら長期的に自然軽快を待つというのが基本戦略です。皮膚に直接塗布する外用薬を中心とした皮膚炎症のコントロール、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬によるかゆみのコントロール、スキンケアの3つが支柱となります。

症状が軽い場合は、保湿だけでも良くなりますが、炎症やかゆみが強い場合は、寝ている間などに掻き壊し、悪化させてしまうので外用薬が効果的です。炎症やかゆみを抑える薬としてステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬があります。薬の強さに5段階のランクがあり、使用する部位や症状の程度、年齢などに応じて使い分けます。

特にかゆみが強い場合は、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬など内服も効果があります。就寝中、無意識に掻いてしまうと細菌感染を起こし、炎症を悪化させる原因にもなるので、子どものアトピー性皮膚炎の症状をしっかり把握し、お医者さんに相談して治療計画を仰ぎましょう。

皮膚の病気なので、日々のスキンケアにも気をつけることが大切です。入浴時、皮膚の汚れやアレルギー物質、細菌などを洗い流すことは大切ですが、垢すりのように角質層まで洗い落とす必要はなく、子どもの敏感な皮膚を傷つけないように優しく洗い、よくすすぎましょう。入浴後も、皮膚が湿っているうちに乾燥を防ぐための保湿剤や外用薬の塗布を行います。衣類の素材によってはかゆみを誘うものもあるので着用するものに注意が必要です。日常生活では、じゅうたんや布団が吸着しやすいので、ペットの皮脂や毛、ほこりなどをきれいにしましょう。

また、食物アレルギーがアトピー性皮膚炎に関係している可能性は少なく、2歳未満で20%、6歳未満で10%程度、思春期以降はまれで、基本的に食事制限の必要はありません。しかしファストフードのような油の多いものは避け、栄養バランスを考えた手料理を心掛けましょう。

アトピー性皮膚炎については膨大な情報が飛び交っていますが、ママ自身が正しい知識を身につけ、間違った情報に惑わされることなく冷静に向き合い、子どもにとって最善の治療法を見出すことが大切です。


2015/11/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事