病院選び

大学病院と総合病院で出産するメリット・デメリット

妊娠が分かったら、決めることや調べることがたくさんあります。その中でも病院選びは、なるべく早く済ましておきたいことのひとつです。ここでご紹介したいのは大学病院と総合病院。似ているようで実は違う医療やサービスを提供しているこの2種類の病院の違いや、出産時のメリットとデメリットを紹介します。

大学病院とは

大学病院は高度先端医療の推進を目的としており、「教育」「臨床」「研究」の3つを実践している病院のことです。医科分野から歯科分野まで、様々な専門知識や技術を持ったスタッフが在籍しています。また、総合的な専門医療を持っていることから緊急体制が整備されており、他の科との横の繋がりが強いので医療提供が可能となっています。

総合病院とは

総合病院は病床数100以上で最低でも5科(産婦人科を含む)の診療科を有する病院のことをいいます。多数の診療科を有し、大学病院と同じく他科との連携が強いという特色を持っています。正常妊娠のママを対象とした助産師外来を設け、万全な医療体制を整えている病院もあります。

大学病院で出産するメリットとデメリット

【メリット】
1. 早産や無呼吸、低体重出生児といった緊急性を要する出産の可能性がある場合、優れた設備とハイリスク出産に対応可能な医師や看護師が揃っているため、安心して出産を迎えられます。
2. ハイリスクな出産であることがわかっている場合、優先して入院させてもらえます。

【デメリット】
1. ハイリスク出産の可能性がない場合、特にその地方に大学病院が1つしかない場合はハイリスク出産のママを優先するため、入院を断られる可能性があります。
2. 出産費用が個人医院と比較して割高になりがちです。
3. 紹介状が必要など、受け入れ条件がある場合があります。
4. 診察時と出産時で担当医が変更になる可能性があります。
※出産時、研修医の見学が入るかどうかはあらかじめ聞かれます。

総合病院で出産するメリットとデメリット

【メリット】
1. 大学病院と同じく、診療科が多いことや最新の設備が揃っていることからハイリスク出産の場合も安心して出産を迎えられます。
2. 助産師外来を設けている病院もあり、細やかなサービスが期待出来ます。
3. ハイリスク出産の場合、優先して入院させてもらえます。

【デメリット】
1. ハイリスク出産の可能性がない場合、入院を断られる可能性があります。
2. 紹介状が必要など、受け入れ条件がある場合があります。
3. 病院によっては大部屋しかない可能性があります。
4. 医師不足などを理由に、産婦人科と小児科を閉鎖する病院が増加しています。

病院選びのポイント

大学病院と総合病院の選び方のポイントは以下のとおりです。
1. ハイリスク出産の可能性があると診断された場合は、設備とスタッフの揃った大学病院または総合病院を選択肢に入れましょう。
2. 入院の際の病室が個室かどうかの確認をしておきましょう。病院によっては大部屋しか用意できないこともあります。
3. 出産費用を個人医院と比較して、予算内に出産費用がおさまっているかを確認します。
4. 産婦人科・小児科に常勤の医師が常駐しているかを確認し、万が一の対応が可能かどうかの確認をしましょう。

ハイリスク出産が明確に分かっているママには、最新設備と腕の良い医者、優秀な看護師が多数在籍し常駐している大学病院や総合病院で、安心して出産を迎えることの出来る病院の選択を慎重にし、ストレスなく出産出来る環境を作るようにしていきましょう。


2015/10/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事