体外受精

体外受精ってどうやってするの?かかる費用やリスクについて

“赤ちゃんが欲しいけれど、なかなか授かれない場合、体外受精という選択肢があります。 体外受精を選んだ女性がまず知っておきたい、体外受精の流れと費用、リスクについてご紹介します。”

体外受精とは

体外受精とは、不妊治療の1つです。一般的に言われる不妊治療よりも高度な技術を使った高度不妊治療のことを言います。方法としては、まず排卵誘発剤で卵子を成熟させた後取り出して精子と受精させます。そうしてできた受精卵を女性の子宮の中に戻して着床させるのです。

体外受精にかかる費用は?

体外受精は保険適用外の自由診療のため、費用の設定は各医療機関によって様々です。決まった価格はありませんが、1回30万円程度が平均的な費用です。
このほかにも、ハッチング法という着床率を上げるために受精卵の周りにキズを付ける方法などを加算すると、1回につき40~50万程度と高額になってしまうのが現状です。
これは医療機関が自己負担している機材や医師や培養士の技術料も加味されているための金額ですが、昨今では少しずつ、自治体から10万円程度の助成が受けられるケースも増えてきました(金額や内容は各自治体によって異なります)。とはいえ経済的負担はまだまだ大きく、また治療自体が長期にわたる可能性もありますので、事前に夫婦で話し合うことが必要です。

卵子をとるまでの流れ

卵子をとることを採卵といい、採卵の流れは次のようになります。
経膣超音波装置という機器を使用し、超音波画像を見ながら専用の針で排卵前の卵胞から卵子を取り出します。痛みを感じたという方には、麻酔をしてくれる場合もありますので都度医師と相談しましょう。1時間程度安静にしていれば日帰りが可能です。

ホルモン抑制の薬と排卵誘発の薬

[ホルモン抑制の薬]
体外受精の際に、脳下垂体ホルモンのうち黄体形成ホルモンの分泌を抑え卵胞を成長させるための薬をスプレキュアといいます。スプレキュアは鼻から吸引します。
[排卵誘発の薬]
排卵誘発剤で最もポピュラーなのがクロミッドと呼ばれる薬です。
このクロミッドは無排卵の患者さんや人工受精の妊娠の可能性を上げるためなどに使用される経口薬として知られています。

受精までの流れ

培養液の中で採卵した卵子を確認後、採精した運動性の高い精子を一緒に受精させます。
体外受精には次の2通りの方法がよく使われています。
1. 顕微受精…顕微鏡を覗きながら、細い専用のガラス管を使って精子を卵子に注入して受精させる方法です。
2. 体外受精…採卵した卵子にシャーレの上で精子自ら侵入して受精させる方法です。

受精卵の胚移植

卵子と精子の受精卵を確認後、培養液の中で受精卵を成長させ分割させて、採卵後2〜3日で4〜6分割以上になったら子宮に移植します。胚移植後、約2週間前後で血液検査で妊娠判定をします。

体外受精のリスク

体外受精を行う際には、以下のようなリスクがあることを覚えておきましょう。
1. 最大2個まで胚移植出来るので、多胎妊娠の確率が高くなります。
2. 排卵誘発剤の使用により複数の卵を得るため、卵巣が過剰反応し、腹水や胸水が溜まったり卵巣が腫れたりという症状がみられる場合があります。重症化すると血液濃縮により腎機能不全になる可能性もあります。この一連の症状を卵巣過剰刺激症候群といいます。
3. 卵巣に針を刺す処置のある採卵時には、誤って卵巣周辺の血管や、卵巣に癒着している他臓器に刺してしまったりして血管及び臓器を傷つけ、出血の原因となる場合があります。
4. 採卵時、細菌が膣内に侵入し骨盤内感染の症状が現れることがあります。
5. 自然妊娠の流産の確率が約10%なのに対して、体外受精では約20~25%に増加します。


2015/10/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事