発熱

2014/07/14

赤ちゃんが急に発熱!何度くらいまでなら、自宅で様子を見ていて大丈夫?

この記事の監修/執筆

小児科医/女医+(じょいぷらす)大井 美恵子

赤ちゃんが急に発熱!何度くらいまでなら、自宅で様子を見ていて大丈夫?

赤ちゃんの急な発熱はそれ程珍しいことではなく、ついさっきまで元気だったのに気がつけばお熱が…という経験をしたママは、大勢いらっしゃるのではないでしょうか? しかし、病院が診察時間外であったり、場所が遠く離れているといった場合、発熱したからといってすぐには赤ちゃんを病院に連れて行けませんよね。

こうした場合どの様に対処すればいいのか、小児科医の大井先生にお話をお伺いしましたので、その回答を見てみましょう。

妊娠中のママからの相談:「近くに病院がなく、赤ちゃんが急に発熱してもすぐに病院に連れていけません」

現在妊娠4カ月の相談者の方は、不便な地域にお住まいのため、赤ちゃんが急に熱をだしたりしても、すぐには病院に行けないので不安があるようです。赤ちゃんが発熱した場合、何度くらいまでなら自宅で様子をみていていいのか、アドバイスがほしいと言っていますが…。

現在妊娠4カ月です。車がないと不便な地域に住んでいますが、私は車を運転できません。子どもが生まれたら、急な病気や急な発熱は、頻繁に起こると思うのですが、この辺は田舎なので、病院まではとても遠くて歩いては行けませんし、夜間救急となると、更に病院がありません。

子どもが急に発熱した場合、何度くらいまでならお家で対応していてよいのでしょうか?大人の場合、様子を見てから翌日にタクシーで病院に行くことができますが、子どもの場合はどうしたらいいでしょうか?

熱が高くても、元気で水分が摂れていれば大丈夫!機嫌が悪く泣き止まない、などの症状があれば早めの受診を。

熱が高くても、おっぱいやミルクをしっかりと飲めていて、機嫌がさほど悪くなければ、病院の受診は翌日でもいいと小児科医の大井先生は言っています。しかしぐったりしている、水分が摂れていない、機嫌が悪く泣き止まない、などの症状があれば、出来るだけ早めに病院を受診した方がいいでしょう。

赤ちゃんの発熱ですが、39℃くらい出ていても、水分が摂れていて排尿が見られ、元気でよく眠ることができていれば、病院の受診は翌日でも大丈夫でしょう。
赤ちゃんが発熱した場合、病院に行くかどうかの目安は、赤ちゃんに元気があるかどうか、です。多少熱があっても、手足を元気に動かし、おっぱいやミルクをよく飲み、機嫌がさほど悪くなければ、自宅で様子を見てもいいでしょう。
小さい子供は意外と熱に強いのか、39.0度ぐらいの熱があっても、元気な場合も少なくありません。熱が何度出れば病院に行く、ということは一概には言えませんので、子供の様子を普段から観察しておくことが大切です。
それ程熱が高くなくても、水分が摂れず、下痢や嘔吐が頻回で、尿量が減ってきたら、脱水症状をおこす心配がありますので、すぐに病院の受診が必要です。
赤ちゃんがぐったりしている、おっぱいやミルクを飲まない、よく吐いてしまう、機嫌が悪く激しく泣いている、などの症状が見られる場合は、出来るだけ早い病院の受診をお勧めします。

生後3か月未満の発熱は要注意!この時期の発熱はすぐに受診を!

赤ちゃんの発熱の中でも特に注意したいのが、生後3ヶ月未満での発熱です。

3カ月未満の新生児が高熱(38度以上)を出した場合は、すぐに病院の受診が必要でしょう。この時期は、母親からもらった免疫があるため、熱をだしたり風邪をひいたりするのは一般的には少ないと言われていますので、何か重大な病気が隠れている可能性があります。

小さなお子さんがいるのに、近くに病院がないのは、ママは不安でいっぱいでしょうね。赤ちゃんが発熱した際、すぐに病院を受診するかどうかの目安は、赤ちゃんの全身状態にあるようです。

おっぱいやミルクはどの程度飲めているか、おしっこは一日に何回ぐらい出ているかなど、赤ちゃんの様子をよく観察した上で、病院を受診するかどうかの判断をするといいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加