アルコール

コップ1杯なら大丈夫?妊娠中のアルコールの摂取

妊娠が分かったその日から、お酒を控えることが重要となります。毎日の晩酌が楽しみな方にとって、約2年間もお酒を味わえないのはとても辛くて、ストレスも溜まりますよね。この禁酒期間が、赤ちゃんにとっていかに必要かを知ることが大切です。

なぜ妊娠中の飲酒がいけないのか?

胎児性アルコール症候群(略称FAS)について聞いたことありますか。妊娠中のアルコール摂取によって起こされる先天性疾患です。軽度から重度までまちまちで、主な症状としては、知能障害、形態異常、脳性小児麻痺、てんかん、学習障害、行動障害です。見た目で異常が分かる場合と分からない場合があります。
胎児性アルコール症候群の重さは、妊婦が摂取した「アルコールの量」と「飲酒期間」によって変わってくると言われています。妊娠中の飲酒を控えることによって防げる先天性疾患でもありますので、妊娠中の禁酒を徹底することがとても重要です。

少量の飲酒は許容範囲?

インターネットや専門家による「コップ1杯程度の飲酒なら、妊娠中でも問題ない」、という情報をたまに見かけますが、赤ちゃんが胎児性アルコール症候群にならないという保証はありません。そのコップ1杯の飲酒を毎日続けたとしたら、どうなるでしょうか。禁酒している妊婦と比べて、胎児性アルコール症候群が発生する確率は高くなります。
アルコール摂取の安全基準については、個人差が大きく、誰もがはっきりと「この量なら大丈夫」というラインが分かりません。個人の体格、アルコールを分解する能力、年齢などで違いがあるからです。

妊娠中は胎児の形成にとても大切な時期

妊娠中は、赤ちゃんにとってとても大切な、脳や内臓、骨を含めた身体の形成、神経系の形成が日々行われています。ママが摂取したものは、有益な栄養ばかりでなくアルコール等の有害なものの一部も、へその緒を通じて赤ちゃんに送られていきます。お酒を飲まなければ、アルコールは赤ちゃんに届きません。

妊娠に気付かずに飲酒してしまったら

妊娠の兆候がない場合、気付かずに飲酒をしてしまうことがあります。これは起こりうることで、妊娠が分かった時点で気持ちの切り替えをすることのほうが重要です。胎児性アルコール症候群は、気付いたその日から禁酒することによって防げる先天性疾患です。
健康な赤ちゃんのために、禁酒はママができることのひとつです。元気な赤ちゃんが産まれる日のことに気分を集中し、お酒のことを考えないようにしましょう。


2015/10/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事