妊娠高血圧症

赤ちゃんの命の危険も!知っておきたい妊娠高血圧症候群のリスクや治療法について

妊娠中期以降に高血圧になったり、高血圧でありさらに蛋白尿がある場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。どのような原因で妊娠高血圧症候群になり、母体や赤ちゃんへどのような影響があるのでしょうか。詳しく解説します。

妊娠高血圧症候群とはどのような病気でしょう

妊娠高血圧症候群という病名は2005年以降から使われています。従来は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、様々な研究が進む中で妊婦さんや赤ちゃんに悪影響を与えるのが高血圧であることが判明し、妊娠高血圧症候群という病名が日本産科婦人科学会で使われるようになりました。そして、妊娠20週目以降から分娩後12 週目までという期間に高血圧である場合、又は蛋白尿も伴う高血圧である場合を妊娠高血圧症候群とすることが定義されています。たまたま血圧が上がってしまったり、特定の別の理由で高血圧になってしまった場合はこの類に入りません。

診断方法は血圧測定と尿検査です。妊娠高血圧症候群になる原因ははっきり究明されていません。しかし、赤ちゃんに母親の血液がきちんと流れるようにするため、妊娠初期に生じる子宮のらせん動脈と呼ばれる血管の置換・増殖がうまくいかないことに関係しているのではないかと言われています。

血管が不完全であると、母親から赤ちゃんへ酸素や栄養などを送る血液がうまく流れなくなってしまい、よりたくさんの血液を赤ちゃんへ送ろうとする働きによって高血圧が生じてしまいます。さらには血管の壁が壊れてしまい、高血圧のほかにも様々な合併症を引き起こしてしまいます。例えば痙攣、蛋白尿、むくみ、血液異常、血管収縮などで、重症化すると胎盤剥離の危険性、腎機能や肝機能障害、HELLP症候群などに繋がります。

他方で赤ちゃんへの影響も大きいので注意が必要です。発育が遅れたり、常位胎盤早期剥離により赤ちゃんに酸素が届きにくくなったり、胎内で死亡してしまったりする危険性があります。
妊娠高血圧症候群は、きちんと治療しなければ母親にとっても赤ちゃんにとっても危険なことになりかねないということが言えます。

治療と予防について

妊娠高血圧症候群であるという診断を受けたら先ずは安静にします。また治療のために入院も必要になるでしょう。原因がはっきりしていないため明確な治療法もまだわかっていませんが、赤ちゃんに悪影響が及ばないよう様子を見ながら、痙攣などが起きないよう薬を用いて高血圧にならないようにします。食事面において、1997年制定の日本産婦人科学会の「妊娠高血圧症候群の生活指導および栄養指導」では発症予防として1日当たり10g以下の塩分制限をすすめています。出産することで症状が改善する場合もあるので、時期や状態によっては帝王切開で出産し母体と赤ちゃんの治療をすすめていくこともあります。

高齢出産であったりBMIが25以上ある場合、妊娠後の血圧が高めな妊婦さん、多胎妊娠であることなどが妊娠高血圧症候群にかかりやすいと言われていますが、はっきりとした予防法はわかっていません。したがって、妊娠したらきちんと検査を受け、適切な指導の下で過ごすことが予防に繋がると言えるでしょう。また妊娠高血圧症候群に一度罹ると、将来的に生活習慣病になりやすいという研究も報告されていますので、自身の健康に充分気を付けていくことも大切です。


2015/11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事