足の付け根

産後、足の付け根に違和感が…歪みが原因?治し方は?

妊娠・出産が原因で骨盤に歪みが生じると、きちんと元に戻らないうちは腰や恥骨周辺に痛みなどを感じることがあります。産後4カ月経っても下半身に違和感があるという相談に対し、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

ママからの相談:「産後、足に違和感があり、長い間しゃがんでいられません」

産後4カ月経ちましたが下半身に歪みを感じており、特に左足に違和感を覚えることが多いです。しゃがむと左足の付け根と膝に違和感があり、長時間しゃがんでいられないのですが、これは出産により身体が歪んでしまったせいなのでしょうか。ある程度、時間が経てば自然と治るものなのか、それともストレッチや整体などが必要なのか、もし必要ならどのようなものがよいか教えてください。(30代・女性)

産後6カ月経つと、開いた骨盤は戻りにくくなる

出産による骨盤の歪みが原因で腰痛が現れたり、姿勢に影響が出ることもあります。産後半年までは開いた骨盤も戻りやすいですが、それ以上経過すると矯正するのが難しいようですので、できるだけ早めに対処した方がよいでしょう。

妊娠・出産により骨盤が歪み、腰痛や恥骨周囲に痛みが生じたり、腰椎に負担がかかり姿勢が悪くなることもあります。骨盤の歪みは産後半年を過ぎると、骨盤が閉じて筋肉も硬くなって矯正するのが難しくなります。産後4カ月を過ぎているので、早めに骨盤体操やストレッチで身体の歪みを矯正してください。(産科看護師)
足の付け根や膝の違和感は、出産による骨盤の歪みが原因だと考えられます。出産時に開いた骨盤は産後半年位までは戻りやすい時期なので、育児で忙しい毎日で大変だと思いますが、今のうちに骨盤矯正をしておいた方がよいでしょう。(産科看護師)

正しい姿勢を心がけ、必要なら専門家に相談

日頃から、背筋を伸ばして正しい姿勢を心がけましょう。骨盤矯正は整骨院などで診てもらってもよいですし、自分でもできる簡単なストレッチや骨盤ベルトなどを使用するのもよいようです。

座るときや歩くときは、背筋を伸ばして正しい姿勢を意識し、膝を組むとさらに骨盤を歪める原因となるので、極力控えてください。立っているときも両足を少し開き、片側だけに力が入らないように注意しましょう。骨盤体操は出産した病院でも指導してもらえますし、インターネットなどでも紹介されています。自分で行うのが難しいようなら、整骨院で矯正してもらうのもよいでしょう。(産科看護師)
骨盤の歪みを自身の力で治すことは、なかなか難しいと思うので、整骨院など骨盤の専門家に診てもらうか産院や整形外科などで相談し、骨盤ベルトなどの使用も効果的だと思います。(産科看護師)
簡単なストレッチとしては、手を腰に当てて左右10回ずつゆっくりと腰を回します。このとき上半身と足は動かさないように意識して、1日5セット程度を目標に行うとよいでしょう。(産科看護師)

産後6カ月を過ぎると、骨盤周辺の筋肉が固くなり元に戻りにくくなってしまうため、骨盤矯正はできるだけ早い方がよさそうです。日頃から正しい姿勢を心がけ、時間のあるときにストレッチなども行ってみてください。


2015/10/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)