産後の骨盤

産後、尿の出方に変化が…原因は縫合か骨盤底筋の緩み?

出産した後、以前とは違って排尿時に違和感を覚えるということはないでしょうか。産前と比べ尿の出方が変わってしまったのは、会陰切開の縫合もしくは骨盤底筋の緩みが原因なのかという問いに、看護師さんたちの回答とは。

ママからの相談:「産後、尿の出方が変わったのは、何が原因?」

出産してから、尿の出方が以前と変わりました。入院時はあまり意識していませんでしたが、便座の奥の方まで座らないと汚してしまわないかと心配になりますし、出る範囲が広がったのか、ティッシュで何回も拭かないと濡れている気がします。吸引分娩での出産で、医師は院内でも優秀な先生だと聞いていますが、分娩後の縫い方によってはこのようなことが起こるのでしょうか。それとも、骨盤底筋の緩みが原因でしょうか。(30代・女性)

骨盤底筋の緩みなどで尿の出方が変わることも

出産後は骨盤底筋の緩みや、会陰切開の縫合部位によっては尿道付近の皮膚などが突っ張られた感じになり、尿の出方が以前とは変わることもある、と看護師さんは説明しています。

産後は骨盤底筋の緩みや尿道付近の筋肉も緩むため、尿漏れが起こったり尿の出具合が変化する場合があります。また会陰切開の場所によっては、縫合により皮膚や筋肉が引っ張られるため、尿の出方が変わることもあります。(産科看護師)
縫合の状況やどれほど縫ったかがわかりませんが、吸引分娩だったということなので、外側だけではなく内側も結構、縫ったのではないでしょうか。縫合することで尿道の出口付近が突っ張って、尿の出方や勢いなどが変わってしまうことはあります。(産科看護師)
出産からどの程度経っているのかわかりませんが、最近は縫合の際に溶ける糸を使うため抜糸の必要はないですが、何か異常があれば抜糸をすることもあります。1カ月健診時に医師から問題ないといわれ、しばらく経っても尿の出方がおかしいようなら、一度、泌尿器科を受診してみるとよいでしょう。(産科看護師)

産後2カ月目から骨盤底筋トレーニングを

出産後すぐは安静にして身体を休める必要がありますが、産後2カ月目に入った頃から体調がよければ骨盤底筋を鍛えるトレーニングを始めましょう。

骨盤底筋の緩みについては、骨盤体操やストレッチで骨盤底筋を鍛えるトレーニングを行うとよいです。産後約1カ月の間は安静が優先なので、トレーニングを始めるのは産後2カ月目ぐらいからがよいでしょう。(産科看護師)
尿意を感じたら我慢しないようにし、排尿時は腹圧をかけず自然に排尿するようにしてください。また排尿の途中であえて尿を止めるのも、骨盤底筋を鍛えるトレーニングになります。(産科看護師)
重い物を持ったり、腰に負担をかける行動は控えてください。会陰切開の傷によるものなら、産後1カ月程度で改善されると思いますが、長く続くようなら医師に相談するようにしましょう。(産科看護師)

会陰切開の傷の縫合具合や骨盤底筋の緩みが原因で、尿の出方や勢いが変わってしまうことがあるようです。体調が整ってきたら骨盤底筋を鍛えるトレーニングを取り入れ、しばらく様子を見て変化がなければ、病院の受診を検討してみてはいかがでしょうか。


2015/10/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)