好き嫌い

白いご飯には必ずふりかけ!野菜もまったく食べません

お子さんの偏食に悩むママは、少なくないのではないでしょうか。おかずに野菜があると必ずよけて、ご飯はふりかけが無いと食べることができないという相談が、医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」にも寄せられています。このような子供の偏食に対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているのでしょうか。

子供の偏食に悩むママからの相談:「野菜を残し、白いご飯はふりかけが無いと食べない息子。何かよい方法はない?」

幼稚園へ通うお子さんの偏食に悩む相談者の方ですが、ふりかけがないとご飯を食べないので困っているようです。野菜もまったく食べないのですが、どうすればよいのでしょうか。

幼稚園児の息子がいます。このごろ、家での食事は毎回といっていいほどふりかけご飯を食べ、お肉は好きで食べますが、お味噌汁や野菜をまったく食べません。幼稚園はお弁当を持たせていて、そのお弁当に少しだけブロッコリーなどを入れており、気がむけば食べているみたいです。「野菜は身体にいいから食べよう」といっても嫌がって食べようとしません。ふりかけご飯に飽きるまで待っていても大丈夫なのでしょうか。(40代・女性)

子供の味覚は未発達。ママが上手にコントロールしてあげて

子供の味覚は発達途中にあり、甘かったりしょっぱいものを好むのですが、市販のふりかけは甘しょっぱく作られているため、子供が好きな味だといえます。しかし与え過ぎは、味覚の発達に悪影響を及ぼすことにもなりかねませんので、注意した方がよいかもしれません。

市販のふりかけは、全般的に甘じょっぱく作られており、原材料名を見ると、砂糖やブドウ糖、食塩やバターやマーガリンなどが入っていることが多いです。お子さんは恐らく、白いごはんの噛んだ甘みは感じることなく、ふりかけの味を好んで食べているのでしょう。たまになら構わないと思いますが、毎食となると味覚の発達の点から少々心配ですので、ふりかけはお弁当だけとか夕食だけという具合に、お母様がコントロールされた方がよいでしょう。(看護師)
どうしてもふりかけがなければ食べないというなら、野菜から作った自然派食品のようなものを選ばれるとよいですし、ママが手作りしてもよいですね。それもダメなら、せめて炊き込みご飯で野菜なども混ぜ込んであげるとよいのではないでしょうか。(看護師)

ご飯のかわりにうどんやパスタ。カレーやハンバーグに刻み野菜を入れて調理してみても

白いご飯が嫌でふりかけが必要ということも考えられますので、うどんやパスタなど、ご飯以外の炭水化物も取り入れてみてはいかがでしょうか。またお子様が好きそうなカレーなどに、刻んだ野菜を入れたりしても食べてくれるかもしれません。

ふりかけご飯が好きというより、白いご飯が嫌なのではないでしょうか。カレーやチャーハン・オムライス・ドリアなどが食べられるのであれば、色々な野菜を細かく刻んで入れるとよいかもしれません。またお肉は食べるのなら、ハンバーグや餃子・コロッケなどにも刻んだ野菜をいれてみてはいかがでしょうか。(産科看護師)
炭水化物はご飯だけではないですから、時にはうどんやパスタ・ラーメン・ピザなどにしてみてはいかがでしょうか。小さいお子さんは身体によいからと言っても理解できないでしょうし、無理に食べさせようとすると逆効果です。(看護師)
ふりかけご飯で満腹になってしまい食べられないだけで、野菜が嫌いというわけではないのなら、週に1回でもふりかけを使わなくても食べられるメニューにするというのもよいでしょう。例えばカレーライスやハヤシライス、野菜たっぷりの焼きそばなど、野菜も摂れて一石二鳥な献立を考えてみてはいかがでしょうか。(看護師)
我が子も野菜をあまり食べませんでしたが、以下のメニューはよく食べてくれましたので、一例を紹介させていただきます。
・野菜を入れた炊き込みご飯や焼き魚を入れた混ぜ込みご飯、ピラフなど味がついているご飯
・野菜をお肉で巻いた肉巻きや、色々な野菜を刻んで入れたキーマカレーやミートソース
・人参ケーキや蒸しパン(南瓜・さつまいもを角切りにしたり潰すorほうれん草をピューレ状にして入れる)
・人参や南瓜やじゃがいものポタージュや野菜ジュース
(看護師)

ふりかけは子供が好みやすい味にできているので、一度くせになるとなかなかやめられないのかもしれません。どうしてもふりかけがないとダメだという場合は、添加物の少ない自然派素材のものも売られているようですので、検討してみてはいかがでしょうか。野菜については、看護師さんたちにご紹介いただいた色々なレシピを参考にして、市販のミックスベジタブルなどを上手に活用するのもよいですね。


2014/09/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)