胸のしこり

授乳中の胸にしこりが!どうしたらいいの?

胸(乳房)のしこりに気づいたら、おだやかな気持ちではいられなくなるもの。医療・ヘルスケアの専門家に悩みを相談できる「なるカラ」にも、胸にしこりを感じることに悩むママから相談が寄せられていました。ママの悩みに、看護師さんはなんと答えているのでしょう?

ママからの相談:「授乳中ですが胸にしこりがあり、乳がんではないかと心配です…」

胸に約2cmのしこりがあるけれど、乳腺が詰まっているだけなのか、ひょっとしたら乳がんなのかと思うと心配で…と悩むママからの相談です。

生後4カ月の娘がいて、現在授乳中です。自分の胸を触ると、左の脇と乳首の中間位の位置に約2cmのしこりがあって、乳がんかもしれないと不安に思っています。いつからかははっきりと覚えていないのですが、妊娠中もあったような気がしています。でも、その時はお腹の子どものためにX線で調べることができませんでした。今はまだ少し母乳もあげていますが母乳が上手く出ておらず、乳腺がつまっているだけかもしれないと思い、色々な角度から授乳しているものの、胸のしこりは同じ位置に残ったままです。授乳中の身ですが、乳がんかどうか婦人科で調べてもらうことは可能でしょうか?(30代女性)

乳腺専門の医療機関を受診しよう!

「胸のしこりの悩みなら産科・婦人科ではなく乳腺専門医の受診を!」と看護師さんがアドバイスしてくれました。授乳中でも、超音波を使って検査することが可能なので、しこりが気になったら早めの受診をお勧めします、と看護師さんはアドバイスしています。

出産後は子宮・卵巣の相談でなければ産婦人科受診ではなくなります。乳腺専門の医療機関(領域では外科)を受診しましょう。しこりを放置して大丈夫なものか、おっぱいが詰まっているだけなのか、先々のこともありますので早めの受診をお勧めします。(産科・婦人科看護師)
弱いながらもマンモグラフィは放射線の影響を受けるため、20~30代の女性には積極的に勧められていません。また、乳腺が張っている方には痛みが強いです。この年代の方の第一選択肢は超音波(エコー)検査です。ただしエコーで問題があれば、マンモグラフィもする可能性はあります。そしてしこりが良性なのか悪性なのかがMRIを含めた画像で診断できない場合は、細胞診や針生検ということになります。いずれにしても、受診時に授乳中ということを伝えると配慮してくれます。(看護師)
乳腺専門医なら、しこりが万が一心配されている悪性腫瘍であった場合でも、手術など引き続き同じところで診てもらえるメリットがあります。(看護師)

授乳中であってもなくても胸は女性の体の大切な一部です。早めに乳腺専門医を受診して不安を解消しましょう。


2014/09/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)