食事マナー

孫に正しいお箸の持ち方を教えたいのですが…何才頃教えるのが一番いい?

まだ上手にお箸を持つことができないお孫さんに、正しいお箸の持ち方や、食事のマナーを教えてあげたいというおばあちゃんからの相談です。まだお子さんが小さい場合、教えても正しく身に付かないのでは?とお考えの方もいらっしゃるかも知れませんね。 正しいお箸の持ち方や食事のマナーは、何歳ぐらいから教えるといいのか、小さいお子さんに食事指導をしていた経験がある管理栄養士さんや看護師さんたちに聞いてみました。

お祖母様からの相談:「孫に正しいお箸の持ち方や食事のマナーを教えたいのですが、ちょうど良い年齢などはありますか?」

おばあちゃんはご自分のお孫さんに、正しいお箸の持ち方をできるだけ早く教えてあげたいようですが、何歳頃に教えるのが一番いいのかと、悩んでいるようです。また、食事のマナーについても、色々と教えてあげたいことがあるようですが、幼稚園の低学年ではまだ早い?と心配されているようですね。

現在幼稚園低学年の孫に正しいお箸の持ち方を教えたいのですが、何歳くらいから教えると良いでしょうか。私の息子は、私が子育てをしていた時の教え方が悪かったせいで、いまだにお箸の持ち方が変なままです。孫にはできるだけ早く正しいお箸の持ち方を教えてあげたいのですが、丁度良い年齢などはありますか? また、あまりうるさく思われたくもないのですが、食事のマナーについても色々と教えてあげたいと思っています。頭がしっかりとしてきて、色々と物事を吸収しやすいのは何歳ごろなのか知りたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

お箸の持ち方や食事のマナーを教えるのに、年齢は関係ありません!

お箸の持ち方や食事のマナーを教えるのに、年齢はあまり関係がないようです。子供の年齢に応じた、本人が「楽しい!」と思える方法で教えてあげれば、子供は喜んで、正しいお箸の持ち方や食事のマナーを身につけることができると、管理栄養士さんたちは言っています。

お箸の持ち方や食事のマナーを教えるのに、年齢が早い・遅い、というのはあまり関係がないでしょう。その年齢・月齢にあった教え方や、周りの人間の接し方が大切です(管理栄養士)
「子供が色々と物事を吸収しやすいのは何歳ごろか」という質問に対してですが、これには個人差があるので、一概に「何歳ごろ」とは言えないでしょう。(看護師)
私の勤務していた幼稚園では、入園と同時に、給食はお箸を使って食べていました。これまでお箸を使ったことがない園児は、当然上手に使えないわけですが、それでも職員が教えると数日後には、お箸を正しく持って食べていました。(管理栄養士)
私が子供にお箸の持ち方を教え始めたのは、離乳食が始まった頃です。食べ物をこぼして汚しても叱ったりせず、気長に、正しいお箸の持ち方を教える事で、子供は自然と覚えていきます。(看護師)
食事に関するマナーとして、例えば「いただきます」や「ごちそうさま」といった食事の挨拶を教える時は、食べ物を食べる時には植物や動物の命をいただいている、ということや、作ってくれている人の愛情をいただいている、ということを年少児から話しています。(管理栄養士)
以前勤めていた幼稚園では「お茶碗のご飯粒は、1粒1粒残さず綺麗に食べるんだよ!」ということを教える時は、その年齢に合わせて「ご飯粒さん集まれ集まれ~!」と言って、楽しみながら上手に食べられる工夫をしていました。綺麗に残さず食べた時は「お皿ピッカピカですごいね!!」と褒めてあげるといいですよ!(管理栄養士)

正しいお箸の持ち方や食事のマナーは、お子さんの年齢に合った方法で教えることで、楽しみながら、自然に身についていくのですね。 あまりうるさく思われたくないとおばあちゃんは思っているようですが、上記のアドバイスのようにお孫さんに分かりやすく、そして楽しく、正しいお箸の持ち方と食事のマナーを教えてあげて下さいね!


2014/07/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)