つわり

2014/06/29

つわりは一体いつまで続くの?ナースがアドバイスします!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

つわりは一体いつまで続くの?ナースがアドバイスします!

双子を妊娠中のママからの相談ですが、つわりがなかなか終わらず、とても辛い毎日を過ごしているとのことです。一般的につわりは、10週~14週で徐々に治まると言われているようですが、個人差があるので「いつで終わる」とは一概には言えないようですね。 つわりはいつ頃まで続くのか、また、つわりの対処法について、看護師さんや助産師さんにお話をお伺いしました。

双子を妊娠中のママからの相談:「双子を妊娠中ですがつわりが終わりません…。まさか出産までこのつわりは続いてしまうのでしょうか?」

双子を妊娠中のママは、20週を過ぎてもつわりに悩まされ、食品などの匂いを嗅いだだけでも気持ちが悪くなってしまうため、食事の用意も十分にできないと悩んでいます。つわりを理由にして家事をさぼっている!と家族からも責められ、とても困っているようです。

妊娠が判明、さらに双子ということがわかってから、つわりが続いています。特にニオイに敏感になり、あらゆるニオイで気持ちが悪くなってしまいます。つわりは、「10週がピークで、長くても約14週まで」とよく雑誌などに書かれていますが、20週を過ぎてもまだ治まる気配がありません。 常に気持ちが悪いので食事もできず、口にできるのはミネラルウォーターだけの時もあります。ニオイがダメなので冷蔵庫も開けられず、食品の買い出しも調理することも難しい状態です。 このつわりは、まさか出産まで続くのでしょうか。夫は全然辛さをわかってくれないし、実母からは「つわりを理由に家事をさぼっている」と言われ、とにかく憂鬱です。

つわりは個人差が大きいもの。あまりにも辛い場合は担当医に相談してみて!

妊婦さんにとってつわりはとても辛いものですが、残念ながらつわりの時期は個人差が大きいため、いつ終わる!とは一概には言えないと看護師さんは話しています。つわりがひどく、水分摂取も困難な状態になると、妊娠悪阻で治療が必要な場合もあるようです。

つわりがひどく、水分すら飲めなくなってしまった状態を妊娠悪阻といいます。必要であれば、点滴等で水分や栄養を補給することもできますので、体重が急に減ってしまったり、飲食がほとんどできない状態であれば、医師に相談してみて下さい。(助産師)
つわりは16週~18週頃に終わることが多いようですが、中には、出産までつわりが続いた、という妊婦さんもいらっしゃるようです。(看護師)
一般的には、つわりは胎盤が完成する妊娠18週ごろに、徐々に治まってくると言われていますが、個人差があります。相談者の方はお腹の赤ちゃんが双子なので、つわりが強いのかもしれませんね。(助産師)
妊婦さんの中には、妊娠後期までつわりが続くという方もいらっしゃいますが、妊娠後期は大きくなった子宮が胃を圧迫してしまうので、胃もたれのような症状が続いてしまう場合があります。(看護師)
今大切なことは、吐いてもいいので食べやすいもの、飲みやすいものをこまめに摂取することです。スプーン1杯ずつ30分おきに、という具合に少量ずつでいいので、ゆっくりと何かを口にしていただきたいです。(助産師)

日常のストレスがつわりを悪化させることも・・・。家族の理解を得られるように十分な話し合いを!

つわりの辛さや日常のストレスが、つわりを悪化させる原因になることもあるようです。ご主人やお母様にもそのことを十分にご理解いただき、相談者の方も、ご自身がリラックスできるようなことを見つけられるといいですね。

つわりを悪化させる原因は、日常のストレスであることも知られています。旦那様やお母様が、つわりに対しての理解が不足しているため、相談者の方の精神的な負担が大きくなっていることも、つわりが長引いている原因なのかもしれません。(助産師)
ご家族の理解が得られないとのことですが、もしよろしければ一度、産婦人科の妊婦健診に皆様でご一緒に行かれてはいかがでしょうか?今のつわりの状況を、助産師さんからも旦那様やお母様に説明してもらうと、少しご家族の意識が変わられるかもしれません。(助産師)

つわりは個人差が大きいものですが、症状がひどい時は産婦人科に相談してみて下さい。ストレスもつわりに大きく関係しているようですので、できる限りリラックスすることが大切なようですね。お腹の中で赤ちゃんたちも頑張っていますので、ママも辛いでしょうが、このつわりの時期を頑張って乗り切って下さいね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加