会陰保護

会陰保護も重要!会陰切開をしない出産って?

妊娠すると必ず耳にする「会陰切開」。初産の人にとっては聞いただけでも怖い言葉ですが、実は非常に一般的な医療処置なのです。しかし出来れば切開したくない、というのが本音ですよね。最近注目されている会陰保護について紹介します。

会陰切開と会陰保護

出産の際、赤ちゃんの頭が出てきた際の裂傷を防ぐのが会陰切開です。裂けてしまうよりは、事前に医療処置として切る方がよいというのは納得できますね。

しかしやはり痛みを伴いますし、傷の具合によっては産後の育児にも影響します。デリケートな部位のため不安もあり、会陰切開をしたくないという女性が増えているのもうなずけます。

会陰切開に対する考え方は、実は産院によってかなり異なります。一部の産院では、会陰切開を行わない方針のところもあります。会陰切開を避けるためには、助産師などのお産の介助者が上手に会陰保護をする必要があります。会陰裂傷を避けるためには、時間をかけて会陰の皮膚を少しずつ伸ばさなければなりません。助産師は時間をかけて赤ちゃんが出てくるように会陰を押さえ、頭の下り具合をコントロールします。赤ちゃんが通っても会陰が切れないようになるまで、赤ちゃんが出てくるのを待つのです。

会陰切開をしないで産むには?

会陰切開をしたくない場合、フリースタイル出産の産院を探しましょう。フリースタイル出産とは分娩台に上がらず、妊婦さんが好きな姿勢で赤ちゃんを産む方法です。妊婦さんが好きな姿勢を取るため、医療処置を行うのは困難です。分娩台では会陰切開をする産院でも、フリースタイル出産では行わないのが普通です。

助産師の技術も非常に重要です。助産師が会陰保護についての知識や経験があれば、会陰切開を避けることもできます。事前に情報を集め、助産師のいるところ、できれば人数がある程度多いところを探しましょう。助産師外来や院内助産院があるところは、経験豊富な助産師さんも多く頼りになるでしょう。

会陰切開をしたくない場合は、妊婦さんも覚悟が必要です。会陰が伸びるまで時間をかけるため、いきみ逃しをして待つ時間は長くなります。陣痛がつらくても「自然に生まれるまで待つ」という覚悟が必要です。

また、会陰保護を希望していても、急遽会陰切開が必要になる場合もあります。赤ちゃんに危険が迫った場合などは、切開は必要な措置になります。会陰切開の可能性はゼロではないという心づもりで、必要な時は措置を受ける覚悟はしておきましょう。


2015/11/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事