お食い初め

お食い初めの意味と祝い方・メニューは?

赤ちゃんが生まれてから100日目に行う儀式を「お食い初め」といいます。お食い初めは赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願う儀式です。その祝い方やメニューはどのようなものなのでしょうか。

お食い初めってどんな儀式?いつやるの? 

 お食い初めとは、子どもの成長を祝い一生食べ物に困らないことを願って、赤ちゃんに初めての食べ物を与える儀式です。生後100日目に行うのが一般的ですが、地域によっては110日目や120日目など多少違いがあるようです。生後100日目となっていますが、その前後であれば都合のよい日に行っても構いません。

お食い初めの祝い方

 地域によっても多少違いますが、正式には、集まった親族の中で一番長寿の人が「養い親」として赤ちゃんを抱っこし、箸で食べさせる真似をします。これは長寿にあやかるためです。鯛などを食べさせる真似をした後、お皿に乗せた小石に触れた箸で赤ちゃんの歯茎に触れる「歯固めの儀」を行います。これは丈夫な歯が生えるように、という願いを込めた風習です。食べさせる真似は、ご飯、汁物、ご飯、魚、ご飯という順番で3回行います。ご飯を一粒だけ食べさせる「ひとつぶなめ」を行うこともありますが、赤ちゃんが嫌がる場合はやめておきましょう。

 食器は柳の白木の箸、蒔絵模様の漆器のお椀、男の子は朱塗りの紋付のお膳、女の子は外が黒塗りで内側が朱塗りのものを用意することが多いようです。嫁ぎ先の家紋を入れた膳を母の実家から贈る地域もあります。

 このような正式な形ではなく、その後も使える離乳食の食器を揃えて家族で行うなど、現代の生活スタイルに合わせたお食い初めも多くなっています。正式な形で行う場合でも、食器や膳はリースにするなど柔軟に対応するとよいでしょう。

お食い初めのメニューは?

 お食い初めのメニューは地域によっても多少異なりますが、鯛など尾頭付きの魚、すまし汁、煮物、香の物、赤飯の一汁三菜が一般的です。赤飯の代わりに白米などでも構いません。歯固めの儀として、お皿に乗せた小石を用意する場合もあります。

 尾頭付きの魚はその地域で手に入るものや旬の焼き魚などで構いません。煮物は筑前煮などを作って赤ちゃん用に小分けするとよいでしょう。香の物やキュウリの漬物やなますなどです。赤飯や漬物はスーパーなどで買ってきてもよいでしょう。古くからの伝統にのっとって、紅白のお餅を用意する場合もあります。歯固めの儀の小石は、神社の境内や水辺で拾ったり、地域によっては碁石で代用したりすることもあります。

お食い初めは、赤ちゃんの健やかな成長を願って行う行事。あまり形にとらわれ過ぎず、それぞれの家庭に合わせて、無理のない形で祝ってあげるとよいでしょう。


2015/11/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事