お宮参り

赤ちゃんの行事~お宮参りの方法や服装・マナーは?

赤ちゃんが生まれてから約1か月後に行うお宮参り。赤ちゃんが健やかに育つことを願ってお参りする行事です。気になるお宮参りの服装やマナー、参拝の方法について知っておきましょう。

お宮参りって何をするの?どんな行事?

 お宮参りとは、赤ちゃんの誕生をその土地の守り神の「産土神(うぶすながみ)」に報告する行事。赤ちゃんが健やかに成長することを願って行われます。お宮参りは鎌倉・室町時代から続く風習で、昔はお産の「忌明け」の意味もありました。

 お宮参りは通常、男の子は生後31~32日目、女の子は32~33日目とされていますが、これは地域によって異なり、生後50日目や100日目というところもあります。必ずこの日でなければいけないというわけではなく、実際は母子の体調や天候、家族の都合などを考えて、生後30日前後に行えばよいでしょう。

 お宮参りは神社で行います。現代では新しい氏子になるための儀式というものではなくなってきているため、どこの神社でもかまいません。神社で祝詞とお払いを受けて子どもの成長を祈願したあと、親戚やお世話になった方への挨拶と内祝いを届けてから祝いの膳を囲みますが、地域それぞれの風習があればそれに従うとよいでしょう。最近は、ママの負担を減らすため、お祝いはデパートから送り、お祝いの食事はレストランを利用するというスタイルも多いようです。

お宮参りの服装に決まりはあるの?

 お宮参りでの赤ちゃんの服装は、男の子は紺色や黒羽二重の紋付で鷹や鶴などおめでたい絵柄の「熨斗目模様」のもの。女の子は綸子地や縮緬の花柄など「友禅模様」の掛け着が一般的です。この祝い着は3歳の七五三で仕立て直しをして着ることができますが、レンタルすることも可能です。最近ではベビードレスにケープというスタイルも人気があります。

 以前は祖母やママの服装は黒留袖が一般的でしたが、今はそれほど服装にとらわれる必要はありません。無地の一つ紋や訪問着、小紋の着物、スーツやワンピースでお参りする人も多く、家族のバランスを考えて服装を決めればよいでしょう。スタジオで記念写真を撮る場合、赤ちゃんの祝い着と一緒に両親の衣装もレンタルするという人も増えています。

お宮参りの方法

 お宮参りの際は、父方の祖母が赤ちゃんを抱いてお参りするのが一般的です。これは、昔は出産がけがれたものと考えられていたためや、産後間もない母体を考えてのことといわれています。赤ちゃんを抱くのは母方の祖母やパパ、ママでもかまいません。

 お宮参りの方法は神社での一般的なお参りと同様です。神社の鳥居をくぐり、入り口の手水舎(ちょうずや)で手を洗い、口を軽くすすいで清めてから社殿へ進みます。お賽銭を入れたあと鈴を鳴らし、二礼二拍手して祈願をし、最後に一礼します。祝詞をあげてもらう場合はあらかじめ社務所に予約を入れ、料金も確認しておきましょう。当日、祝儀袋や白い封筒に「御玉串料」または「御初穂料」と書いた下に赤ちゃんの名前を書いて祈祷料を納めます。料金は3000円~10000円程度が多いようです。

 赤ちゃんが健やかに育つことを願って行うお宮参り。家族だけでお祝いすることも増えています。あまり慣習にとらわれすぎずに、その家庭なりのスタイルで無理せずに行いましょう。


2015/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事