鉗子分娩

鉗子分娩(かんしぶんべん)とは?どんなときに鉗子分娩になるの?

出産はスムーズに進むことが何よりですがときには異常分娩となり、鉗子分娩(かんしぶんべん)が行われることもあります。鉗子分娩の方法、また、鉗子分娩が行われるのはどのようなときか?など鉗子分娩についてまとめました。

鉗子分娩とは

母子の安全を図る上で、できる限り速やかに赤ちゃんを娩出する必要があると判断された場合には急速遂娩といわれる産科手術を行います。急速遂娩で行われる方法は鉗子分娩や吸引分娩、また緊急帝王切開です。

鉗子分娩は、「鉗子」といわれる金属製の2枚の器具で赤ちゃんの頭からあごの辺りまでをはさみ、母親のいきみに合わせて適切な方向に赤ちゃんを引き出します。

もし、鉗子分娩や吸引分娩を行っても出産に至らない場合には緊急帝王切開を行うことになりますが、帝王切開が間に合わない場合などに鉗子分娩は有用な方法です。

鉗子分娩ほか急速遂娩の必要があるケースとは

鉗子分娩などの急速遂娩は以下のようなケースのときに必要となります。

一つは、母子の生命に危険があると判断され、一刻も早く分娩を終える必要がある場合です。例えば、赤ちゃんが酸素不足によって心拍が低下した胎児低酸素状態などが考えられます。胎児低酸素状態が重症の場合には子宮内胎児死亡や出産後の新生児仮死のリスクを高める極めて重篤な状態です。

また、母親に合併症がある場合、あるいは微弱陣痛や遷延分娩などによって母子の生命が危険となるおそれがあるときには急速遂娩によってお産を速やかに完了させます。例えば、微弱陣痛に対し、陣痛促進剤を使用したにもかかわらず母親の疲労なども重なり、分娩が遷延しているときです。

さらに、正常分娩の場合でも、よりスムーズで楽なお産にするために鉗子分娩や吸引分娩を行うことがあります。

急速遂娩の副作用

急速遂娩のうち鉗子分娩や吸引分娩を行ったときには、いくつかの合併症が考えられます。

一つは鉗子で赤ちゃんの頭をはさんだり、吸引のカップを頭に付けて引っ張るため赤ちゃんの顔にあざができたり、頭にあとがつくことです。また、自然分娩に比べて赤ちゃんの頭蓋内出血や顔面神経麻痺などの頻度が高くなるといわれています。
顔のあざや頭についたあとは時間が経つとほとんどきれいに治り、また神経麻痺などについても障害が残るようなことは極めてまれなことです。
お母さんに対しては腟や会陰、膀胱などを傷つけてしまうことがあります。

ここで挙げたものは可能な限り避けたいことばかりです。しかし、鉗子分娩や吸引分娩によって引き起こされたと否定的に考えるよりも、急速遂娩が必要となるほどの難産で母子にとって危険な状態だった場合に安全な出産を手助けしてくれたと捉える方がよいでしょう。


2015/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事