胎児の大きさ

巨大児の原因と症状、治療法

巨大児とは、外見的な異常はありませんが、出生時の体重が4,000g以上ある新生児のことを言い、難産になりやすいです。一般に糖尿病の母親から生まれた子供に多いといわれていますが、子宮内環境による影響が大きいようです。巨大児は対象性巨大児と非対称性巨児という2つの分類があります。

巨大児ってどういう子のことを言うの?

 巨大児とは出生時の体重が4,000gを超える大きな赤ちゃんのことを言います。出産予定日間近や、予定日を超えての出産の場合に巨大児ということが多いです。体が大きいだけで、見た目などには特に異常が見られない赤ちゃんのことを言います。

巨大児は2つのタイプに分けられます

 巨大児は大きくわけると2つのタイプに分けられます。それぞれのタイプにより原因が異なります。

 対称性巨大児と言われるタイプは遺伝子的なものが原因で巨大児になります。遺伝子的に大きくなってしまったというだけで、身体に大きな異常はありません。ただ、身体が大きいことで出産時に上半身が引っ掛かってしまい、産道を通りにくくなる肩甲難産になることがありますので、分娩方法などを主治医とよく相談しておく必要があります。

 非対称性巨大児はと言われるタイプはお母さんが糖尿病などにかかっており、血糖のコントロールができない場合に多いと言われています。見た目には身体に異常は見られませんが、心臓や肺、脾臓、肝臓、脾臓などに腫大が見られたり、呼吸不全などの症状があったりすることがあります。

 妊娠時に糖尿病などになっていなくても、妊娠中に妊娠糖尿病になるケースがあり、お母さんが高血糖のため胎盤から大量のブドウ糖が胎児に運ばれ、胎児の体の中で血糖の調節をするためにインスリンが大量に分泌されます。胎児インスリンは成長ホルモンで、赤ちゃんの体重増加を促進してしまい、その結果巨大児になってしまうと考えられています。

巨大児の検査と診断

 お母さんの病気や合併症の有無の確認や、妊娠中経過の把握、赤ちゃんの症状等の確認が重要になってきます。

巨大児の症状にはどんなものがあるの?

 遺伝が原因の対称性巨大児の場合は注意するような症状がでません。非対称性巨大児の場合は呼吸困難や呼吸障害、低血糖、低カルシウム血症、高ビリルビン血症(新生児黄疸とも言いいます)、心不全など色々な症状が出てきます。

巨大児の治療はどうやるの?

 重症な低血糖になってしまった場合はブドウ糖の輸液が必要です、呼吸困難や呼吸障害には酸素の投与や人工呼吸の管理が必要になる場合があります。それぞれの症状にあった治療を行う必要があります。

 巨大児は出生時に難産になることが多く、難産により後遺症が残るということも考えられるので、出産方法は主治医とよく相談する必要があります。巨大児でも骨盤のサイズが分娩に問題ないようであれば、自然分娩で産むことができます。


2015/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事