計画分娩

2015/11/09

計画分娩のメリットと注意点について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

計画分娩のメリットと注意点について

あらかじめお医者さんと相談をして出産日事前に決め、陣痛誘発によって計画的にするお産のことを計画分娩といいます。何らかの事情で前もって出産日を決めておきたい場合や、体の健康状態から必要であると判断された場合に行なわれます。また、前回の出産で帝王切開をしていた場合や双子を妊娠している場合などの自然分娩が難しい場合は、帝王切開で計画分娩を行ないます。

計画分娩とは

あらかじめお医者さんと相談をして出産日事前に決め、陣痛誘発によって計画的にするお産のことを計画分娩といいます。何らかの事情で前もって出産日を決めておきたい場合や、体の健康状態から必要であると判断された場合に行なわれます。また、前回の出産で帝王切開をしていた場合や双子を妊娠している場合などの自然分娩が難しい場合は、帝王切開で計画分娩を行ないます。

計画分娩のメリット

まず、胎児の心拍パターンを分娩終了まで継続的に管理することで安全性が高まるということがあげられます。また、病院スタッフの多い時間帯に分娩することで、何かしらの異常や合併症に対して迅速に対応してもらえるというメリットがあります。他にも、あらかじめ出産日が決まっているので精神的にリラックスした状態でお産を迎えられるうえ、分娩時間が短くて済むので母体や赤ちゃんへの負担が軽くなるということがあげられます。

計画分娩の注意点

分娩前処置や陣痛促進剤を必要とする場合、陣痛だけがどんどん強く過剰に起こる「過剰陣痛」などわずかにリスクを伴う場合があります。ですから、どのような流れや方法で分娩が進むのかは前もってきちんと把握・理解しておく必要があります。

陣痛促進剤にはどんなものがあるの?

陣痛促進剤にはプロスタグランジンやオキシトシンがあります。どちらもホルモン剤で、脳下垂体でも生産されるものです。錠剤と点滴薬の2種類がありますが、量の調節が難しいため点滴薬の方がよく使われています。

計画分娩の流れ

・バルーンを入れる
子宮口を広げるために、バルーン(メトロイリンテル)と呼ばれる器具を使います。水風船のようなもので、ゴム状のしぼんだバルーンを子宮口に挿入し、滅菌した水を入れて膨らませることで子宮口を広げます。

・陣痛促進剤を点滴する
陣痛促進剤は人工的に子宮の収縮を強め、陣痛を促進させたり、増強させたりする薬剤のことです。効果には個人差があるため、適切な使用量と投薬方法で赤ちゃんの状態を分娩監視装置で確認しながら点滴を行ないます。

・帝王切開を行なう
前回帝王切開で出産している妊婦さんや、双子を妊娠している場合など、自然分娩(経膣分娩)では危険が伴うと診断された時は、予定帝王切開が行なわれます。

計画分娩を希望する場合は、まずお医者さんに相談してみましょう。通常の分娩よりも費用がかかってしまうデメリットはありますが、「限度額適用認定証」を利用すると病院窓口への支払いの負担が軽減されますよ。計画分娩のメリットデメリットを理解し、そのうえで決めることをおすすめします。良いお産になりますように。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加