高齢出産

高齢出産・高齢初産はリスクだけでなくメリットもある?

高齢出産はリスクがあるといわれますが、具体的にはどんなリスクなのでしょう?リスクに備え、より健康的に妊娠や出産、そして子育てをしていくにはどんな点に気をつければよいのか、また、高齢出産だからこそ期待できるメリットについてもご紹介します。

高齢出産とは?

35歳以上の人が初めて妊娠、出産する場合に高齢出産、あるいは高齢出産といいます。
「高齢出産はリスクがある」といわれるのは、35歳以上の人の妊娠や出産ではトラブルの発生率が34歳以下の人に比べて高いという統計的なデータによるものです。しかし、35歳に限らず30代前半からリスクは徐々に高くなっているという指摘もあります。

高齢出産・高齢初産のリスクとは?

高齢出産のリスクを妊娠期、分娩期、また子育ての時期に分けてみていきましょう。

まず、妊娠期では35歳以上の人は流産や早産の可能性が高い傾向にあります。また、胎児の染色体異常をはじめ、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になりやすいことも指摘されています。妊娠高血圧症候群はかつて妊娠中毒症と呼ばれていたもので、主な症状は高血圧と尿タンパクです。

高齢分娩では遷延分娩や分娩停止のほか、分娩時の出血量の増加や産道損傷などが起こりやすくなります。分娩停止は微弱陣痛や胎児の回旋異常などの理由で陣痛は続いても分娩が2時間以上にわたって進行しない状態をいい、緊急帝王切開の確率を高める要因の一つです。

高齢出産の子育ての時期に考えられるリスクとしては20代に比べて体力が少なく、また出産後のからだの回復にやや時間がかかる人が多いことです。さらに、親の介護と子どもの育児の両方をしなければならない場合などもあります。

高齢出産の場合に気をつける点は?

妊娠や出産、そして子育てはすべて体力が必要です。特に、出産のときにはかなり体力が要るので出産に向けた準備としては体力作りを心がけましょう。

適度な運動で筋力を保つだけでなく、しっかり眠れるなど生活のリズムが整っていることも重要です。また、食事では塩分や脂肪分の過剰摂取に気をつけるなど栄養バランスのよい食事を摂るようにして健康的なからだにしましょう。

高齢出産だからこそのメリットもあります

高齢出産の場合は赤ちゃんを待ち望む気持ちが強く、20代での妊娠や出産に比べて精神的に安定して過ごすことができ、ゆったりとした気持ちで育児ができるといわれています。また、子育てを通して気持ちが若返えるという指摘もあります。

さらに、経済的な余裕も20代にはないメリットです。体力的にサポートが欲しいとき、あるいは時間的な面で託児施設などを利用したいときもあるでしょう。経済的に余裕があることは選択肢を増やして親に精神的な余裕を与えるなど、子育てをする上で望ましい環境作りにつながります。

高齢出産のリスクを考え、妊娠期から気をつけることは重要です。しかし、高齢出産には20代にはないメリットもあるため健康に留意しながら、妊娠期から出産、さらに子育ての時間を充実させて過ごしましょう。


2015/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事