麻酔

硬膜外麻酔を使った無痛分娩のメカニズムやメリット

分娩に対する不安や恐怖感で分娩の進み具合が遅くなったり、パニック状態になって赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまったりしないよう、硬膜外麻酔を使った無痛分娩は選択肢の1つとして注目をあびています。そんな硬膜外麻酔を使った無痛分娩のメカニズムやメリットについてご紹介します。

硬膜外麻酔を使った「硬膜外無痛分娩」について

硬膜外麻酔を使って分娩時の痛みを和らげる方法を硬膜外無痛分娩といい、これは無痛分娩の中で最も一般的な分娩方法です。米国では毎年の全分娩数の約6割にあたり240万例が硬膜外無痛分娩であるとの報告があるほどです。

全身麻酔とは異なり、硬膜外無痛分娩は下半身のみの痛みどめですので、赤ちゃんへの麻酔薬による影響はとても少なく、お母さんの意識がなくなることもありません。赤ちゃんが下りてきている感覚や子宮の収縮をある程度感じながらタイミングを合わせて、ゆっくりいきみながら分娩が進みます。もちろん生まれた赤ちゃんと対面することも可能で、自分で生んだという実感も味わえます。

硬膜外麻酔で痛みが和らぐメカニズムについて

硬膜外麻酔は、細くて柔らかいチューブ(カテーテル)を背中から腰の脊髄の近く(硬膜外腔)に入れ、そこから麻酔薬を少量ずつ注入することで出産に伴う痛みを和らげます。そして、赤ちゃんが産まれるまでカテーテルより続けて麻酔薬を投与するので、途中で麻酔が切れてしまうこともありません。

硬膜外無痛分娩のメリットについて

最大のメリットとしてあげられるのは、お母さんが痛みから解放されることで精神的や肉体的にリラックスでき、安全なお産になるということです。また、痛みからくる血圧の上昇も防いでくれるため、妊娠高血圧症候群の方や普段から血圧が高い方には適しているといえます。また、痛みが少なく分娩も短時間で終わるため、産後の回復が早いという点があげられます。他にも、何らかの原因で帝王切開に切り替わる場合にもスムーズに移行できるという点もメリットであるといえます。

硬膜外無痛分娩は「無痛分娩」といいますが、実際は「鎮痛分娩」や「疼痛緩和分娩」と呼ぶ方が相応しく、痛みがまったくないわけではありません。また、麻酔処置によるリスクもあります。硬膜外無痛分娩のメリットとデメリットをよく理解したうえで判断する必要があります。


2015/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事