助産師

助産院・自宅出産を選択した場合のメリットとデメリット

大切な赤ちゃんを出産するにあたって、妊婦さんは最善の選択をしたいと思うものですね。妊娠がわかると、多くの人は、産婦人科を訪れ、病院で出産をします。その一方で、数は少ないですが、助産院での出産や自宅出産する人もいます。助産師さんによる出産は、病院とどこが違うのでしょうか?

助産院ってどういうところ?

 助産院では、医師ではなく、助産師さんが出産前後を含めた助産活動を行っています。妊婦さん胎児ともに正常な場合の、自然分娩を援助する施設です。妊婦健診も行いますし、分娩はもちろん、その後の母乳マッサージや新生児のお世話の指導などのケアもあります。助産師さんの自宅が助産施設となっていることが多く、1度に入院できるのは9床までの規定ですので、大勢の人が出入りする病院とは違い、アットホームな雰囲気です。
 助産院によっては、自宅出産に対応しているので、陣痛が始まった折に連絡すれば、自宅まで来てもらえます。自宅出産に対応しているかどうかは、前もっての確認が必要です。

産婦人科とはどこが違うの?

 病院では、医師、看護師、助産師等多くのスタッフが、多くの母子のさまざまなケースに対応しています。妊娠中に高血圧や高血糖などの病状が見られたり、胎児が逆子であったり多胎であったりする場合は、産婦人科での出産となります。
 助産院では、医療行為はできません。その為、母子が正常である場合のみ、人間本来の自然な力での出産を手助けします。助産院では医療機関と連携しているので、万が一の場合にはそちらのサポートを受けることになります。

助産院で出産する場合、メリットデメリットは?

 新しい命を生み出す行為を、医療に頼らず、自然な力で行いたい、そう考える妊婦さんに助産院出産は向いています。産婦人科では分娩台で出産しますので、会陰切開や、何かトラブルがあったときにすばやく対応できるようになっています。しかし分娩台では妊婦さんは体勢を限られてしまいます。助産院での出産は畳や普通のベッドの上で行いますので、人によって異なる、楽な出産体勢をとることができます。
 多くの人が役割を分担する病院と違い、助産院では、妊娠から出産、その後のケアまで、同じ助産師さんと関わりますので、温かみのある関係を築けます。
 普段、健康に自信がある人でも、何が起こるかわからないのが妊娠や出産です。助産院では医師がいませんので、妊娠の経過途中にトラブルがあれば産婦人科に転院しなければなりません。また、出産時に問題が起こったときには、連携医療機関に搬送ということもありえます。

自宅で出産する場合、メリットデメリットは?

 助産院で出産するメリットに加え、自宅出産の場合は、陣痛がきても妊婦さんが移動する必要がありません。連絡した助産師さんが訪れてくれるので、普段慣れ親しんだ部屋で出産することが可能です。陣痛のときには緊張しがちですが、車に乗って慌てる必要もなく、自宅でリラックスしやすい状態で出産を待つことができます。
 また、自宅なら家族に見守られての出産になる可能性が高まります。家族それぞれの生活や時間帯で、立ち会えるかどうかは変わってきますが、家族とともに出産を迎えると、妊婦さんは安心した気持ちでいられます。パートナーや上のお子さんにとっても、貴重な体験となるでしょう。
 出産後もそのまま自宅での生活なので、新生児のお世話のほか、自分のできることから始められ、身体の回復も比較的早くなります。
 自宅で出産する場合も、助産院で出産するのと同じく、アクシデント時のリスクはあります。リスクについて知っておき、助産師がどこの医療機関と連携しているのか、施設名や場所など調べ、万が一に備える必要があります。助産院や自宅での出産を希望していても、何かあったときには変更もできます。

 信頼できる助産師さんと出会い、満足のいく出産となるとよいですね。


2015/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事