水中出産

水中出産のメリットとデメリット

出産するにあたって、自分の身体や赤ちゃんのことを考え、よりよい選択をしたいと考える妊婦さんは多いことでしょう。病院の分娩室での出産と比べ、水中出産はより自然体での出産というイメージですが、実際のところはどうなのでしょうか?水中出産のメリットとデメリットを見ていきましょう。

水中出産とはどういうもの?

 自分のためにも赤ちゃんのためにも、よい出産をしたいと願う妊婦さん。中でも、できる限り自然な力で、人間本来の能力を使って出産をしたいと考える妊婦さんなら、水中出産という方法は、魅力的な選択肢の1つになります。

 誰もが産まれてくる前は羊水の中にいます。自然塩を溶かし入れた体温程度の温水だと、胎児のいる羊水の環境に近くなります。その温水につかりながら出産するのが水中出産です。妊婦さんが、自分の積極的な意志で選択するアクティブ・バースの1つになります。

水中出産するメリットは?

 陣痛の痛みに耐える妊婦さんは、どうしても力が入り、来るべき出産に備えて緊張しがちです。お風呂に入ると心身ともにリラックスすることからもわかるように、温水につかることで身体が温まり、血行がよくなる上に、気持ちもリラックスすることができます。

 分娩台など横になった状態では、体勢を変えても自分の体重によって圧がかかりがちですが、水中にいることで、浮力を借り、楽な姿勢をとることができます。腰痛、陣痛もやわらぎます。

 産道や会陰部が温水効果で柔らかくなるため、出産時の会陰部の切れ方も少なくてすみます。更に、産道が広がりやすいことで、赤ちゃんがスムーズに通りやすいのです。生まれてくる赤ちゃんは、羊水から温水、温水から空気中へと段階を経て、環境の変化が緩やか。赤ちゃんのストレスも軽減できます。

 出産する妊婦さんにも、生まれてくる赤ちゃんにもストレスの少ない方法です。

水中出産するデメリットは?

 温水で妊婦さんの血行がよくなることにはメリットがある一方で、出血量を増やす可能性があります。また、1度に温水につかる時間は制限されていますが、妊婦さんが早い段階から温水につかると、出産までに疲労が増してしまいます。

 浴槽やプールにためる温水がしっかりした衛生管理下になければ、赤ちゃんが感染症にかかるリスクを伴います。水中出産したい施設を探すときには、衛生の観点からも確認をしておくことを忘れないようにしましょう。

 現在、水中出産ができる病院や助産院は全国的にもあまり多くはありません。浴槽やプールを設置し、衛生的に維持管理することが必要なので、普及がなかなか進まない現状です。いくら水中出産を希望しても、現住所や里帰りする実家など、自分の出産したい場所の近くに水中出産できる施設があるとは限らないのです。

水中出産が可能な施設

 メリットとデメリットを総合して考慮し、水中出産に魅力を感じた場合、まずは可能な施設を探してみます。水中出産ができる施設は、数が少ないので、希望通りというわけにはいかないかもしれませんが、インターネットを使うと手軽に探せます。施設が見つかった場合でも、必ず衛生上の問題をクリアしているかどうか、確認します。ワークショップや勉強会などがあれば参加して知識を増やし、不安なく選択できるようにしましょう。


2015/11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事