早期母子接触

カンガルーケアのメリット・デメリットとは?

出産直後に行われるママと赤ちゃんとの素肌のふれあい、早期母子接触(カンガルーケア)。早期母子接触は母子ともに様々な身体的、精神的効果が得られる一方、痛ましい事故の原因になることも。今回は、早期母子接触のメリット・デメリットを見ていきましょう。

生まれたての赤ちゃんとママがふれ合う早期母子接触(カンガルーケア)

早期母子接触(カンガルーケア)がはじまったのは、1970年代後期の南米コロンビア。当時、低出生体重児を保護する保育器が足らず、新生児の体温を保つためにママの素肌に触れさせたことに端を発します。その後、保育器不足を補うために取り入れられたこの習慣が未熟児の生存率改善に役立ち、感染症リスクも減少させるという思わぬ効果を生み出したことから、先進国でも注目されるようになりました。
従来、赤ちゃんは出生後まもなく様々な処置を施すために、ママと引き離されていました。早期母子接触では、生まれてすぐにママの乳房の間に赤ちゃんをぴったり抱き寄せるかたちで、直接肌と肌のふれあいをします。今までおなかの中にいた赤ちゃんの体重を胸元に感じる、あたたかい瞬間です。

早期母子接触(カンガルーケア)はここが素晴らしい

先に触れたように、早期母子接触には母子ともに身体的、精神的に様々なよい効果をもたらします。例えば、赤ちゃん側のメリットとしては、体温の保温効果、呼吸や情緒の安定などです。初めて外気に触れる赤ちゃんは、ママの素肌を通して安らぎを得るのです。また、生まれたばかりの赤ちゃんに寄り添うことでママの母性がふくらみ、母乳の分泌の促進や愛情形成などに影響することが分かっています。

事故も多い?早期母子接触(カンガルーケア)の注意点

しかし、早期母子接触にはいい点ばかりではありません。正しい知識や方法のもとで行わなければ、赤ちゃんの命にかかわる重大な事故を引き起こすことも。生まれたばかりの赤ちゃんは体の状態が安定していないため、心肺停止や乳幼児突然死など全身状態の急変に十分注意を払う必要があります。早期母子接触を希望する場合には、出産をする病院に新生児蘇生法の知識を持ったスタッフが配置されているか、施設の状況に応じた実施方法、中止基準がきちんと策定されているかどうかを確認しておきましょう。


2015/11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事