後期流産

安定期でも油断は禁物!後期流産の原因と確率、予防法

妊娠中において、最も流産しやすく不安定な時期である妊娠初期さえ過ぎてしまえばもう安心、と思っている方は多いのではないでしょうか。たしかに妊娠初期より可能性は少なくなりますが、「後期流産」とよばれる、妊娠中期に起こる流産もあるのです。では後期流産とはいったいどのようなものなのでしょうか。今回は、後期流産の起こる確率や原や予防法についてご説明いたします。

後期流産とは、どんなサインがあるの?

 後期流産とは、妊娠初期の終わりから妊娠中期、妊娠12週~22週未満の期間に流産してしまうことです。12週未満に起こる場合は早期流産と呼ばれ区別されています。流産が始まりかけている状態の切迫流産なら、適切な治療により正常に出産できる可能性も大きくなります。

 流産の起きる確率は妊娠全体の約15%、そのうち後期流産の起きる確率は2%未満程度といわれています。安定期と呼ばれるだけあって、妊娠中期に入ると流産する確率はかなり低くなりますが、まったく起こらないわけではありません。引き続き赤ちゃんや妊婦さん自身のためにも、健康や体調に気を配った生活を心がけましょう。

 後期流産が起こるときには、おなかに張りや痛み、出血があるなどの徴候がみられます。感染症の場合は、臭いも強く、通常とは違うおりものや発熱などが加わることも。最近では、超音波検査も進歩していますので、兆候がある前に定期検診で異常を発見できることも多くなっています。

 妊娠初期でしたら不安定な時期ということもあり、特に異常がなくても出血することはよくあることです。しかし、妊娠12週目に入ってから、おなかの痛み、出血などがみられたときには、後期流産にいたる可能性もあるので早めに医師の診察を受けてください。

子宮の異常、感染症も大きな要因に

 早期流産では、染色体異常など胎児に起因することがほとんどですが、後期流産では胎盤や卵膜、臍帯の異常を除いて、母体側に原因がある場合も多くなってきます。

 なかでも子宮に異常がある場合、赤ちゃんを育む場所でもあるため流産の原因にも直接関わってきます。例えば「子宮筋腫」では、筋腫の場所によっては胎児を圧迫することや、血流障害や子宮収縮を引き起こすこともあるのです。母子の健康に関わる場合は手術の必要がでてきます。また「子宮奇形」では、子宮の形に異常があることから、血流障害がおき、着床しても妊娠継続が難しいこともあります。子宮奇形は非妊娠時なら手術が可能です。そのほか「頸管無力症」では、子宮頸管が通常よりやわらかく、子宮収縮せずに子宮口が開いてきてしまいます。安静や子宮口を縫って開かないようにする子宮頸管縫縮術などが行われます。

 感染症では、クラミジアや単純ヘルペスのほか、膣内で増殖した細菌が、子宮内に入り、絨毛膜・羊膜が感染することにより起こる「絨毛膜羊膜炎」などが、流産の原因としてあげられます。これらは抗生物質の服用などの治療で改善できます。

 そのほか、過度のストレスが引き金になることもあります。特に仕事が忙しくて、つい妊娠前と同じように動いてしまうという妊婦さんに多くみられます。赤ちゃんがおなかのなかにいるのは一生のうちでもわずかな期間です。ストレスが原因となっている場合は、極力その元となる環境を変えて、ゆったりした気持ちを保てるようにしましょう。

 後期流産と診断を受けると不安になりますが、ストレスを抱えこむのは禁物です。安静にしていれば大事にはいたらないケースも多々あります。また、おなかの痛みや出血、少しでもおかしいと感じたら迷わず産婦人科で診察してもらい、早急に適切な処置を受けることが大切です。


2015/11/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事