子宮腺筋症

経産婦に限らない!子宮腺筋症の症状と妊娠への影響について

子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)は、以前は30代の経産婦に多い病気と考えられていました。しかし、近年では発症の傾向に変化が起きているようです。子宮腺筋症の主な症状や妊娠への影響、また早期発見のポイントなどを説明します。

子宮腺筋症とは

子宮腺筋症は子宮内膜が子宮の筋肉層に深く入り込み増殖する病気です。
子宮の内面を覆っている組織を子宮内膜といい、増殖、剥脱を繰り返しています。この剥がれた時が月経です。子宮の内面だけにこの子宮内膜があれば問題ありませんが、子宮腺筋症では子宮の筋肉に深く入り込んで症状をおこしてしまうのです。
子宮内膜が関係した病気には子宮腺筋症のほかに子宮内膜症がありますが、両者は子宮内膜が増殖する場所の違いによって区別されています。
子宮腺筋症が増殖する場所は子宮の筋肉層ですが、子宮内膜症は子宮以外のさまざまな組織、例えば卵巣などの中に子宮内膜組織ができる病気です。

子宮腺筋症の原因と症状

子宮筋腫や子宮内膜症と同様に、子宮腺筋症も原因が明らかではありません。いくつかの説としていわれている要因はからだの冷えやストレス、また免疫機能の低下などです。
さらに、閉経を迎えた女性は子宮腺筋症が軽くなる傾向にあるため、女性ホルモンの関与も指摘されています。
子宮腺筋症の主な症状は激しい生理痛と過多月経です。生理痛はひどい下腹部痛や腰痛で激烈な痛みといわれています。激しい生理痛は10代の頃からあるようなものではなく、突然発症するのが特徴です。病気が進むと生理の時以外にも痛みが生じ、痛みの部位も拡がることが特徴です。下腹部や腰だけでなく、足や肛門などにも痛みを感じるようになります。
過多月経では、出血量が増加することによって1回の月経でも強い貧血症状を引き起こすことがあります。

子宮腺筋症になりやすい人は?

子宮腺筋症は、以前は30代になってから突然発症する人が多く、経産婦がなりやすいといわれていました。しかし、近年では20代、あるいは妊娠の経験がない人の発症が増えています。

子宮腺筋症の治療は?

治療法には大きく分けて薬物療法、手術療法がありますが、子宮腺筋症の場合薬物療法は殆ど効果がなく、ごく軽い子宮腺筋症でホルモン療法が一部効果を認めるのみです。そのため通常は激しい月経痛を抑えるために鎮痛剤等を使用する他は手術療法がメインとなります。現在子宮腺筋症に対する標準的な手術療法はあくまで子宮摘出術と言われています。しかし近年の子宮腺筋症の増加や晩婚化の影響で妊娠を希望する女性に適した方法に変化しつつあり、腺筋症核出術(子宮を残して病巣部分だけを切除する方法)の研究が進んでいますが、まだ腺筋症核出術を行っている病院には限りがあり、希望する場合は事前に問い合わせが必要です。

子宮腺筋症の妊娠への影響

子宮腺筋症になると妊娠しづらくなり、もし妊娠したとしても流産のリスクが高いといわれています。子宮腺筋症の部位が広範囲になることによって不妊のリスクはより一層高くなるため、早期発見、早期治療が重要です。

子宮腺筋症の早期発見のポイント

子宮腺筋症の自覚症状はひどい生理痛です。また、子宮腺筋症は20代後半~30代後半が好発年齢といわれています。そのため、20代後半以降の人は生理痛が重くなったと感じたら念のため早めに婦人科を受診しましょう。

妊娠を希望したときに、できるだけ妊娠しやすい状態をつくるためには子宮腺筋症を早期に発見し、早い時期から適切な治療を受けることが重要です。


2015/11/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事