育児ストレス

協力しない夫、育児ストレスに悩む毎日…どうすれば?

子育てには夫婦の協力が不可欠。夫が家事も育児もほとんど手伝わないため、気分転換もできず心が折れそうになっているという悩みに対し、専門家の皆さんは何とアドバイスしているでしょうか。

ママからの質問:「心のリセット方法を教えてください」

子どもが生まれてから、夫がほとんど家事も育児も手伝ってくれないので、すべて1人でやっている状態です。夫は家にいても寝ていたり、テレビを見たり、子どもがぐずっていても無視。私は育児のストレス量が多く、時々心が折れそうになります。子どもと夫を家に残して1人で気分転換に出かけることもできず、心を強く持とうとしていますが子どもがワガママばかりだと泣きそうになります。上手な心のリセット方法が知りたいです。(20代・女性)

育児参加のきっかけをつくり、ご主人に具体的に教えて

子どもは2人で育てるものですが、パパに自覚が足りないようです。思い切って夫に任せて外出する、育児や家事の中で決まった一つをやってもらう、具体的にやり方を教える、といった方法を試してみましょう。

ご主人は、まだ父親としての自覚がないのではないでしょうか?また、お母さんが何でも1人でやると、自分はしなくていいと思ってしまいます。時には手抜きしたり、思い切ってパパとお子さんの2人にして、お母さんは外出してみてはいかがでしょう?現代はどこにいても携帯電話でつながりますから、「何かあったら連絡して」「できるだけやってみて」といって、ご主人に任せてみましょう。(産科看護師)
解決するには、やはり身近な人に育児や家事を手伝ってもらうのがよいです。旦那さんにも1日1つ、たとえば赤ちゃんの入浴など、決まったことだけをやってもらうようにしてみてはどうでしょうか。何を手伝っていいのかわからずに何もしない男性も多いようです。(内科医師)
ご主人にも育児に参加させてください。何をやっていいのかわからないでしょうから「あれ持ってきて、これはこんな風に使うんだよ。こういうときは、こんな風にするんだよ」と、具体的に教えてあげてください。手伝ってもらったら、ありがとうと感謝し「パパ、すごいね」と、お子さんを味方にして、ご主人を褒めてください。(産科看護師)

子どものためにも1人で抱え込まない工夫を

ママが精神的に不安定だと、子どもにもよくありません。1人で抱え込まず、夫をはじめ、自分の親や地域の専門家に相談するのがおすすめです。

お母さんが疲れて、情緒不安定になると、お子さんにも影響します。1日が無理でしたら、数時間でよいので、自分だけの時間を作ってみてください。(産科看護師)
自分の親が近くにいたら、手伝ってもらってはどうでしょうか。地域によっては、育児の相談を保健師さんにできるシステムがあります。1人で抱え込みすぎる前に、なるべく周りに伝えて発散するようにしてみてください。(内科医師)

家事も育児も1人で背負っていると、心が折れそうになるのは当然です。夫に自覚を持たせて育児に参加してもらうとともに、自分の親や地域の保健師などの助けを借りて、自分の時間を少しでも持てるよう工夫する必要があります。


2015/10/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)