食べ過ぎ

2014/10/03

食欲旺盛すぎてかえって心配なわが子…放っておいても大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

食欲旺盛すぎてかえって心配なわが子…放っておいても大丈夫?

子供が食べすぎても食べなさすぎてもママは心配になるもの。医療・ヘルスケアの専門家に悩みを相談できる「なるカラ」にも、4歳になる子供の食べすぎに悩むママから相談が寄せられました。子供の食べすぎの悩みに、看護師さんはなんと答えているのでしょう?

ママからの相談:「とにかくよく食べる4歳の娘…量を決めて食事を与えたほうがよいのでしょうか?」

たくさん食べるせいか病気もせずに育っているけれど、女の子ということもあり、このまま大食いの癖がついてしまうのはよくないのではないかと心配しているママからの相談です。

4歳の娘は赤ちゃんの頃から食欲旺盛でとにかくよく食べます。ご飯をしっかり食べるので10時・15時のおやつは毎日あげていません。好きに食べさせると大人と同じ量をペロリと食べてしまいます。よく食べるおかげかほとんど病気をすることもありませんが、女の子なのであまり食べさせすぎるとこれからが心配です。3歳児健診の際にはたくさん食べても満腹中枢が発達すればおさまると言われたり、たくさん身体を動かす子なら何も心配いらないと言われたのですが、いつまで経っても「お腹いっぱいだからご馳走様」ということはありません。身体はよく動かすほうですが、大食いの癖がついてしまうのではないか、愛情が足りないのではないかと心配です。このまま、好きなだけ食べさせてもよいのでしょうか?それとも、きちんと量をきめて「今日はこれだけ」としたほうがよいのでしょうか?(40代女性)

この年齢の子供はよく動くのでたくさん食べても大丈夫、でも調理や食べ方にも工夫を!

実は大人とそれほど変わらないほどのカロリーを必要とするのがこの年齢の子供。おやつを与えないなら、バランスのとれた食事と、よく噛む習慣をつけることで食べ過ぎを回避するよう、看護師さんがアドバイスしてくれました。

よく身体を動かす時期なので、食欲も旺盛です。好き嫌いや食べない子供も多いのに、よく食べるというのはよいことです。おやつをあげていないなら普通に食事をしても大丈夫でしょう。4歳であれば1日に必要なカロリーは1300~1500kcalなので大人より少し少ないくらいです。(産科・婦人科看護師)
食べすぎが気になるのであれば、食事に時間をかけて、よく噛む習慣をつけるとよいです。しっかり噛むことで、満腹中枢が刺激されます。また、食事の内容を低カロリーにするという方法もあります。海藻類やキノコ類はたくさん食べてもほとんどカロリーがありませんし、肉のかわりに豆腐やおからを使う手もあります。さらに、ひとつのお皿にいろんなおかずを少しずつ盛り付けると「案外たくさん食べた!」という気になるかもしれません。(産科・婦人科看護師)
食材のカットを大きくしてみたり、少し固めにゆでる、煮るなどの調理法にしてみるのもよいです。本人や家族に抵抗がなければ白米を玄米に変えてみるという方法もあります。また、少し手間や時間がかかりますが、懐石料理風に時間をおいて少しずつ料理を出すというやり方もあります。(小児科看護師)
なにより、バランスのとれた食事が理想です。(産科・婦人科看護師)
愛情たっぷりのおいしい食事を食べて育っているのですから、愛情不足の心配は不要です。子供の成長を、温かく見守ってあげましょう。(小児科看護師)

4歳の子供の消費カロリーが予想以上に多いこと、そのため、それほど食べすぎを気にしないでよいことがわかりました。例えば「お口にいれたらママと一緒に30回噛もう!」と提案し、よく噛む習慣をつけるのもよいかもしれませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加