水疱瘡

2015/10/21

水疱瘡(みずぼうそう)は予防接種で感染することがある?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

水疱瘡(みずぼうそう)は予防接種で感染することがある?

妹が水疱瘡の予防接種を受けたばかりのタイミングで、兄が水疱瘡にかかったため、もしかして予防接種からうつされたのではないかと考えているママから、質問が寄せられました。専門家の皆さんは何と答えているでしょうか。

ママからの質問:「水疱瘡が予防接種によってうつることはある?」

兄3歳、妹1歳の2人兄弟です。1歳になったばかりの妹が水疱瘡の予防接種を受けました。その1週間後に兄の方が発熱と身体に発疹を出し、水疱瘡と診断されました。幸い兄は2歳のときに水疱瘡の予防接種を受けていたので、軽く済みました。もしかして妹の予防接種からうつったのでは?と考えているのですが、実際に水疱瘡の予防接種により、周りの人がうつることはあるのでしょうか?(20代・女性)

予防接種から周囲に感染することはない

予防接種から兄妹などにうつることはありません。おそらくお兄ちゃんの水疱瘡は、ほかの原因からきたものだろう、とのことでした。

予防接種により周囲の人にうつることはありません。水疱瘡のワクチンは接種することにより、90%以上の人がウイルスに対する抗体を持つことができます。息子さんのように予防接種をしても水疱瘡に感染してしまうことはありますが、とても軽い症状で済み、重症化することや合併症が起こる可能性が低くなります。(内科医師)
どのワクチンにもいえることですが、予防接種をした後に同様の症状が出る場合があります。しかし、一時的なものであり、それによって兄弟に感染するということは聞いたことがありません。水疱瘡と帯状疱疹は同じウイルスが原因といわれていますから、たまたま他の子から感染したか、お兄ちゃんの体力が落ちて、もともと体内にあったウイルスで発症したと思われます。(産科看護師)

接種した妹に発疹ができても心配ない

妹さんは、お兄さんが感染する前に接種していてよかったといえます。接種により発疹が出ることがありますが、お兄ちゃんからの感染ではないので、心配せずに様子を見ましょう。

水疱瘡に感染(感染者に接触)してから3日以内に予防接種を受けることで、70%以上の人は水疱瘡が発症しないか症状が軽くなります。ですので、妹さんは予防接種をしていてよかったと考えられます。(内科医師)
予防接種後は副反応で接種した部分が赤く腫れることや、発熱することがあります。また、予防接種後の1~2週間程度の間は、発疹ができることもあります。水ぶくれはほとんどできません。そのような変化があっても心配せず、経過を見てください。(内科医師)

予防接種後に発疹が出ることがありますが、心配する必要はないようです。また、水疱瘡の予防接種を受けた兄妹から水疱瘡がうつるということはありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加