産後の生理

2015/10/29

出産後の生理、経血量が非常に少なくなったが大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

出産後の生理、経血量が非常に少なくなったが大丈夫?

出産により、女性の身体は大きな変化を経験します。産後、生理が再開したものの、経血量が非常に少なく、母親から聞いていた産後の経過と違っているために不安に思っているという悩みが寄せられました。看護師さんたちは何とアドバイスしているでしょうか。

ママからの相談:「出産後の生理の再開で量が少ないのは問題があるの?」

母は出産後半年くらいで生理が来たといっていたのですが、私は1年2カ月でようやく来ました。母は再開すると妊娠前のような量だったといっていましたが、私の出血量はとても少ないです。現在、生理は定期的には来ており、最近は再開してから3回目だったのですが、少し量は増えてきたものの、妊娠前よりもかなり少ない状態です。回数を重ねると量が増えるのでしょうか。また出血量が少ないと何か問題があるのでしょうか。(30代・女性)

無排卵の月経かも。基礎体温をつけて観察を

生理の量が少ないこと自体は、心配ないようです。再開したてのときは、無排卵のため経血の量が少ないことがあります。基礎体温をつけて排卵を確認しましょう。ホルモンバランスが整えば、排卵も経血量も正常になってきます。

妊娠、出産によって、ホルモンのバランスが変化するため、生理の状態も変化します。症状が軽くなったり量が増えたりと様々ですが、生理が始まったということはホルモンのバランスが整ったということですから、量が少なくても心配ありません。(産科看護師)
産後の生理の性質が変わる、という方はたくさんいらっしゃいます。一般的には子宮が大きくなることによって、経血の量は増えやすくなります。ご相談者様の場合、もしかすると無排卵かもしれません。無排卵の場合、経血の量が少なくなりやすいですから、確認する意味でも基礎体温をつけられるとよいでしょう。排卵されていれば基礎体温は高温になります。これからホルモンバランスが整ってくると、しっかりと排卵がみられ、また経血の量も増えてくると考えられます。(健康管理科看護師)

卵巣や子宮の異常が疑われたら病院へ

生理の量、周期ともに明らかな異常が続く場合は、卵巣や子宮のトラブルのサインであることも考えられます。心当たりがある場合は、一度、検査を受けると安心かもしれません。

子宮がんの健診は受けていると思いますが、あきらかに生理の量が少ない場合や不正出血の場合は、卵巣機能の異常や子宮の疾患が考えられます。心配でしたら、病院で検査を受けてください。(産科看護師)

出産後、経血量が少ないのは、無排卵のためかもしれません。確認の意味でも、きちんと基礎体温をつけて観察しましょう。ホルモンバランスが整うにつれて量も増えてくるものですが、明らかに少ない量が続く場合は、一度、受診・検査を検討するとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加