尿漏れ

2人目出産後、半年間続く尿漏れ…どうすれば治るの?

産後の尿漏れに悩むお母さんは多いようです。2人目出産後、尿漏れの症状が半年間続いており、改善方法がわからないという悩みに対し、看護師さんたちは何とアドバイスしているでしょうか。

ママからの質問:「半年続いている産後の尿漏れ、改善できる?」

2人目を出産した直後から、尿漏れをするようになりました。1人目のときは尿漏れの症状は出ませんでした。洋式トイレでしっかり排尿したつもりが、まだ尿が残っていて、立った途端に、ちょろっとおりものシートに付着してしまいます。また、力んだときにも尿漏れがあり、おりものシートが手離せません。しばらくしたら治るだろうと思っていましたが、この症状が半年続いています。改善する方法もわからず、困っています。(20代・女性)

骨盤底筋のゆるみと関係あり

産後の尿漏れはよくある症状のようです。膀胱の圧迫、骨盤の歪み、骨盤底筋のゆるみなどが原因とされています。特に産後半年が骨盤周辺の矯正のチャンスですので、早めの対処が望まれます。

産後の尿漏れについては、多くの方が悩んでらっしゃいますので、特別なことと思わなくても大丈夫です。産後の尿漏れの原因は、子宮が戻りきっておらず膀胱を圧迫していること、骨盤の歪みや骨盤底筋のゆるみです。ご相談者様の場合は、産後半年ほど続いているとのことなので、骨盤底筋のゆるみが大きく関係していると考えられます。(健康管理科看護師)
一般的に、産後半年を過ぎると、骨盤周囲の筋肉が硬くなって、骨盤の矯正や、骨盤底筋を回復させるのが難しくなります。今からでも体操やストレッチで、骨盤底筋を鍛えるようにしてください。(産科看護師)

骨盤底筋のトレーニングをコツコツと

簡単なトレーニングで骨盤底筋を鍛えることで、尿漏れを防ぐことができます。毎日コツコツ行ってみましょう。

骨盤底筋がゆるんでいると尿漏れをしやすくなるのですが、簡単なトレーニングで鍛えることもできますよ。骨盤底筋の鍛え方は、お尻の穴を閉じるように力を入れて、その力を前の方へ入れていきます。すべてきゅーっと閉じる感覚です。その状態を10秒ほどキープし、力を抜くというのを1セットとして、1日5セット程から始めてみましょう。(健康管理科看護師)
排尿時には、あえて途中で一旦止めたり、立っているときでも座っているときでも、肛門にきゅっと力を入れて、肛門を締める運動を1日に数回、行ってください。排尿は我慢しないこと、排尿を少なくするために水分を控えることなどはしないでください。体操やストレッチでも改善されないようでしたら、出産した病院か泌尿器科を受診してください。(産科看護師)

産後の尿漏れが半年続いているのは、骨盤底筋のゆるみが主な原因と考えられます。簡単なトレーニングで鍛えられますので、毎日行うように心がけてみましょう。


2015/10/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)