育児ストレス

2015/10/24

育児や家事に追われ、女性の心を忘れそう…取り戻すには?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

育児や家事に追われ、女性の心を忘れそう…取り戻すには?

女性は出産直後から目の前の育児や家事に追われ、自分の時間を持つことが難しくなってしまいがちです。女性らしい自分を見失い不安を感じるママに対して、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「産後、女性であることを忘れてしまいそうで不安です」

子どもを産むまでは、おしゃれも大事にしていたし、夫との営みもありました。しかし産後は育児の忙しさのせいか、自分が女性であることを忘れてしまいそうで悩んでいます。おしゃれにも興味がなくなってしまい、美容院に行ったり服を買うのも億劫。夫のことも男性として見られなくなってきて、性欲もなくなり、どんどん色あせていく自分を感じています。どうしたら女性としての心を取り戻せるのでしょうか。(30代・女性)

ホルモンバランスの乱れや疲れが原因かも

産後は女性ホルモンが急減することから、体調や精神的なバランスが崩れやすいもの。産後半年から1年でホルモンバランスが整うまでは、悩まないで時期を待ってください。また、慣れない育児の疲れも原因になりますので、夫に手伝ってもらい、一人の時間を持ちましょう。

妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンが増加しますが、出産とともに一気に減少するため、ホルモンバランスが崩れて体調や精神的なバランスも崩れやすいといわれています。また、授乳などで睡眠不足になり、慣れない育児で疲れているため、以前のようにおしゃれをしたり女性としての気持ちになれないのは当たり前です。出産後半年から1年経過すれば、徐々にホルモンバランスも整い体調も戻るので、今は仕方ないと考えて悩まないでください。(内科医師)
育児を自分一人で頑張りすぎていませんか。夫に気持ちを伝えて、赤ちゃんのお風呂などできそうなことを頼み、無理をしすぎないようにしてみてください。疲れていると感じたときには、少し夫に見ていてもらい、30分でもよいので少しでも赤ちゃんと離れて自分一人の時間を持つようにするのも効果的です。(内科医師)

母親としての自分を誇りに!余裕ができたら自分の時間を楽しんで

今は育児が優先されて自分のことが後回しになっているでしょうが、母親としてのもう一つの魅力を身に付けたと思ってみてください。育児に慣れてくれば、余裕が出て自分の時間を楽しむこともできるようになります。

女としての自分より、母親としての自分があるのだと思います。それは立派なことです。子どもが小さいうちは育児が優先され、おしゃれも後回しになると思いますが、だからといって女性でなくなり色あせたわけではありません。母親としての、もう一つの女性の魅力を身につけたと思ってください。(産科看護師)
今は性欲がなくてもおしゃれが億劫でも、一時的なものです。育児に追われて自分の時間がないのですから、自分の身なりに気を配る余裕もないでしょう。もう少しして子育てに余裕ができたら、新しい洋服を買ったり念入りにお化粧するなど、自分の時間を楽しんでください。女性は出産すると、女としての魅力がより高まるといわれています。自信を持ってください。(産科看護師)

産後はホルモンバランスの崩れや慣れない育児の疲れなどにより、体調不良や精神的な疲れが出やすいもの。母親として、もう一つの女性の魅力を身につけたと考え、体調が回復し育児への余裕が出てきたら、再び自分の時間を楽しむようにするとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加