飲まない

生後2カ月でおっぱいを飲まなくなった…ぐずる原因は?

順調に授乳できていたのに、突然おっぱいを飲まなくなる赤ちゃん。お母さんの母乳だけが栄養源の赤ちゃんだけに不安が募りますが、いったいどんなことが原因になっているのでしょうか。

ママからの相談:「赤ちゃんが母乳を飲まなくなって泣いてばかりいます」

2カ月の赤ちゃんが、最近おっぱいを飲まなくなりました。横抱きで授乳クッションを使っているのですが、すぐに嫌がって乳首から口を離してしまいます。ぐずるのでお腹が空いてるのかと心配ですし、原因もわからず一日中ひたすら泣かれるので、私もまいってしまいそうです。どうしたらよいのでしょうか。(20代・女性)

授乳方法に少し変化を持たせてみて

生後2カ月くらいになると、ちょっとした自己主張が始まります。まだまだ言葉を発することができない赤ちゃんだけに原因探しは大変ですが、専門家からヒントをいただきましょう。

生後2カ月から3カ月になると、赤ちゃんは満腹感を感じるようになります。この頃から遊び飲みもするようになるので、なかなか飲んでくれなくなります。お母さんは心配かと思いますが、赤ちゃんが少し成長した証拠です。(産科・婦人科看護師)
何かが気にくわず、おっぱいを飲んでくれないこともよくあります。抱き方を変える、クッションの位置をずらすなどの対策で解決する場合もあります。(健康管理科看護師)
おっぱいの出方はどうでしょうか。もしも量が少ないようなら、ミルクも使ってよいと思います。赤ちゃんが泣きやまないと、お母さんも精神的、身体的に疲れてしまいます。周囲の人の助けを借りて、たまには休息もしてくださいね。(健康管理科看護師)
現在は何時間おきの授乳でしょうか。生後2カ月ですと、一般的には3~4時間おきです。お腹が空いていないようでしたら、赤ちゃんが泣いておっぱいを欲しがるまで待ってみてください。どうしても飲まないようでしたら、ミルクを併用する、おっぱいを搾乳して哺乳瓶で授乳するなど、授乳のやり方を変えてみてください。(産科・婦人科看護師)

成長とともに、様々な好き嫌いも

味覚や聴覚、いろんな感覚が発達してくると、小さな赤ちゃんでもなかなか気難しくなってくることも。また、環境や体調が原因の場合もありそうです。なにか思い当たることはありませんか。

周りが気になっておっぱいを飲むことに集中できない場合もあります。授乳のときはテレビの音量を下げる、携帯を触らないなど、静かな環境で授乳してみてください。(産科・婦人科看護師)
お母さんが食べたもので、母乳の味が変化して嫌がる場合もあります。味付けの濃いものや、甘い物、動物性脂肪を含むものを避け、タンパク質、カルシウム、ビタミンなどを中心とした、脂分の少ない和食を心がけてください。(産科・婦人科看護師)
赤ちゃんも体調不良で食欲が減退することがあります。暑さなどが関係していることもあるので、赤ちゃんの体調をしっかり観察してみてあげてくださいね。(健康管理科看護師)
他に何か変化はありませんか。たとえば、下痢をしたり、ぐったりしてだるそうだということはありませんか。まったく飲んでくれず体重が減ってしまうようなことがあれば、一度、病院を受診されることをおすすめします。(健康管理科看護師)

泣いておっぱいを飲んで眠るだけだった赤ちゃんにも、徐々にいろいろ変化が出始めます。赤ちゃんもお母さんも体調管理が第一ですが、臨機応変に成長と変化に馴染んでいくのがよいようです。


2015/10/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)