尿漏れ

産後の多量の尿漏れは自分だけか…どうしたら改善できる?

妊娠や出産による心や身体の変化に、悩む女性は多いもの。その悩みの一つである尿漏れとは、いったい妊娠・出産のどんなことが原因となっていて、どうすれば解消できるのでしょうか。

ママからの相談:「産後、ひどい尿漏れで悩んでいます」

出産後の尿漏れが悩みです。少量ならおりものシートなどで対処できるのですが、少しのところで止められず、すべて出てしまうこともあります。できるだけ頻繁にトイレに行くようにはしているのですが、どうしたら改善できるでしょうか。人に相談できずにいるのですが、私だけがこうなのでしょうか。(30代・女性)

尿漏れは、出産経験者のほとんどが経験

なかなか人に相談しにくい尿漏れの悩みですが、実は出産を経験したほとんどの女性が経験するといわれています。妊娠出産による、どんな変化が関係しているのでしょうか。

尿漏れは、出産によって骨盤底筋がゆるんだり、骨盤が歪んでしまうことで生じてしまいます。(健康管理科看護師)
妊娠中、出産後の尿漏れは、ほとんどの女性が経験することです。質問者さんだけではないので安心してくださいね。(健康管理科看護師)

解消のポイントは骨盤と骨盤底筋

妊娠・出産により、歪みやゆるみが生じてしまうという骨盤と骨盤底筋。尿漏れを解消するには、ここを元に戻す運動やトレーニングが効果的といわれています。

産後1カ月は安静が優先されるので体操や運動は控えた方がよいのですが、2カ月を過ぎて身体の調子が整ってきたら、体操やストレッチで骨盤底筋を鍛えて骨盤のゆがみを矯正するのがよいとされています。(産科・婦人科看護師)
なるべく頻繁にトイレに行くことはもちろん、骨盤底筋という筋肉を鍛えることで、尿漏れを予防することができます。(健康管理科看護師)
骨盤底筋を鍛えるトレーニングは、ご自宅で簡単に行うことができます。まずはお尻の穴を閉じるようにお尻に力を入れます。次にお尻の穴を閉じる力を入れたまま、その力を前の方にもかけていきます。できるだけ閉じる力を入れたままキープをして、つらくなったら力を緩めます。これを繰り返すことによって骨盤底筋が鍛えられ、尿漏れしにくくなります。(健康管理科看護師)
立っているときも座っているときも肛門にきゅっと力をいれ、肛門を締める運動を1日に数回行ってください。排尿の途中であえていったん排尿を止めるのも、よいトレーニングになります。(産科・婦人科看護師)
お出かけのときは、普通のおりものシートよりも尿漏れ時のにおいケアをしてくれるタイプのシートを活用してみてはいかがでしょうか。より安心感が増すかと思いますよ。(健康管理科看護師)

1日数回、わずかな運動で改善が期待できるという尿漏れ。尿漏れ専用のシートも発売されています。「今は調整中」と気分を切り替えて、毎日少しでもトレーニングを続けてみるのがよいようです。


2015/10/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)