抗生剤

抗生剤は身体に毒?3歳の息子によく処方されるが大丈夫か

子どもへの抗生剤の投薬。小さな子どもに、こんなに長い間飲ませてもいいものかと不安になるママも多いでしょう。子どもが抗生剤を長い間服用することで、実際、何か問題は起こり得るのでしょうか。

ママからの相談:「子どもが抗生剤を飲み続けるのは身体によくない?」

保育園に通う3歳の息子がいるのですが、毎年冬になると鼻風邪や胃腸炎になります。一度、鼻風邪が悪化して中耳炎になったことがあり、今でも耳鼻科から出された抗生剤をよく飲んでいます。冬の間は薬が欠かせない状態になってしまうのですが、あまり抗生剤を長く飲み続けると、身体に毒ではないのでしょうか。(30代・女性)

医師の指示どおりの服用なら問題なし

長期服用による弊害もなくはないようですが、医師はすべてを考慮の上で、必要な薬を処方しています。抗生剤を定められた量、定められた期間服用する分には問題なさそうです。

抗生剤は病院で処方されているものを、医師の指示のもとに飲んでいるのなら心配ありません。(産科・婦人科看護師)
自己判断で一時的に抗生剤を使用するようなことがあると、菌に耐性ができてしまって、その抗生剤の効力が期待できなくなる恐れがあります。(産科・婦人科看護師)
抗生剤を長期に服用すると、菌に耐性ができて効果が得られなくなる場合があります。頻回に抗生剤を服用するのは心配でしょうが、早めに菌やウイルスを除去し、症状の悪化を防ぐことも必要です。(産科・婦人科看護師)
一般的に抗生剤の服用は1週間以内の短期間です。お子さんの体重や年齢を考慮して処方されているので、医師の指示どおりの服用なら心配ないと思います。薬に対して不安なことがあるようなら、一度、主治医と相談してみてください。(産科・婦人科看護師)
どんな薬にも作用と副作用があるので、全く副作用が出ないというわけではありません。長期的に飲むことで問題となり得るのは菌の耐性の点なので、医師の指示どおりの期間だけ薬を飲むようにしましょう。(産科・婦人科看護師)

「病気はうつる」と割り切ることも大切

子どもが外に出るようになると、病気をもらってきたり、お友達にうつすことは日常の一コマになります。体力をしっかりつけて、感染しにくい生活を送ることも大切です。

保育園に通っていれば、すぐに風邪などをもらってくるので、お子さんにきちんとうがい・手洗いを習慣づけさせてください。(産科・婦人科看護師)
子どもの免疫力は大人よりも低いので、風邪や胃腸炎などの感染症にはかかりやすいといえるでしょう。つらそうな子どもをみているお母さんもつらいかとは思いますが、いろいろな感染症にかかっていくことで体が強くなっていくという見方もあります。頑張ってください。(産科・婦人科看護師)
ビタミンを中心としたバランスのとれた食事や、よく遊ばせたり運動させたりして、体力をつけてあげることも大切です。しっかり睡眠もとらせて、生活のリズムが崩れないように注意してあげましょう。(産科・婦人科看護師)

感染症にかかったときのケアのほか、普段からの感染しにくい生活習慣も大切なのですね。抗生剤の服用は、自己判断で勝手にやめたり再開したりせず、医師の指示に従って飲ませることを心がけましょう。


2015/10/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)