お腹の皮

2015/10/26

出産で伸びたお腹の皮膚…3年経ったが元に戻せる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

出産で伸びたお腹の皮膚…3年経ったが元に戻せる?

妊娠、出産で女性の身体は大きく変化します。お腹が大きくなるにつれて伸びたお腹の皮膚が、産後はたるんでしまうことも。ママからの相談に看護師さんたちの答えは?

ママからの相談:「出産で伸びたお腹の皮膚を元に戻す方法はありますか?」

妊娠中から体重が増え、産後に少し減ったものの出産前の体重には戻りません。体重が戻らないので多少お腹が出ていることは仕方がないと思っているのですが、たるんだお腹の皮が気になります。ズボンをはくとボタンはしまるのですが、伸びた皮が乗っている気がします。出産後3年も過ぎているので、もうそろそろスッキリとパンツやスカートがはけたら嬉しいです。伸びた皮膚を元に戻す方法があれば教えてください(30代・女性)

お腹を引き締めるには有酸素運動が効果的

妊娠出産で体型が変わってしまう人は多いようです。たるんだお腹の皮膚については、時間がかかりますが、出産後の体型に合わせて変化していくのだと教えてくれました。

妊娠や出産を機に体型が変わってしまう人は少なくありません。食事制限や運動などを行っても、コントロールは難しいですよね。でも、じっくり根気強く頑張っていれば結果は必ず出てきます。あきらめずに以前の体重に戻るよう、食事と運動の両面から体調管理を行ってください。(産婦人科看護師)
産後半年までが痩せやすいといわれていますが、産後に無理なダイエットをするのは、おすすめできません。しかし3年も経過しているなら、多少のダイエットはできます。(産婦人科看護師)
軽い運動や、家事の量を増やすなど、毎日の運動を心がけてください。お腹を引き締めるには有酸素運動が効果的ですから、水泳やヨガ、軽いジョギングなどを行ってみてください。(産婦人科看護師)
妊娠で少しずつ伸びていたお腹の皮は、出産後かなり目立ってしまいます。この皮についても時間は多少かかりますが、元に戻りますよ。妊娠して皮が少しずつ伸びていったように、出産後の身体に合わせて徐々に変わっていきます。(皮膚科看護師)

皮膚の新陳代謝を促すことを心がけて。保湿やマッサージも

積極的にケアすることで、お腹の皮膚のたるみを改善できるようです。ケアの方法を教えてくれました。

少しでも早く、そして効果的に皮膚を戻したい場合には、皮膚の新陳代謝を促すとよいです。そのためには、血流をよくするためのマッサージ、保湿、出産で歪んでしまった骨盤矯正が必要です。(皮膚科看護師)
お風呂上がりにボディ用のジェルやクリームをマッサージしながら塗るとよいです。また、腹筋を鍛えることも血流をよくし、お腹の皮膚に栄養が行く手助けとなりますので、少しずつでよいですから筋力アップを目指しましょう。(皮膚科看護師)
気になる部分の保湿を心がけ、マッサージをして、肌の新陳代謝をよくし、肌細胞の活性化を促してください。低カロリーでバランスのとれた食事が基本ですが、特にビタミンB6を多めに摂るようにしてください。ビタミンB6は、レバーや魚介類に含まれています。(産婦人科看護師)

出産から時間が経っているなら、食事制限や運動を行ってみましょう。お腹の引き締めには有酸素運動が効果的です。お腹の皮膚のたるみは、皮膚の新陳代謝を促すことで改善をはかれますし、保湿やマッサージを心がけ、腹筋を鍛えることも有効です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加