任意予防接種

高額な任意の予防接種、自宅保育だけど受ける必要はある?

子どもの予防接種は、公費で受けることができる定期接種と自費で受ける任意接種に分けられます。定期接種は必ず受ける必要がありますが、任意のものについては本当に受けた方がよいのかどうか、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

ママからの相談:「任意の予防接種。自宅保育だけと受けたほうがよい?」

0歳児の子を持つ母親です。とにかく予防接種の数が多く、定期接種は国から補助が出るので重要性を感じますが、任意接種については自費でかなり高額です。保育園や幼稚園に通わず自宅保育のため任意接種の必要性を感じないのですが、全部受ける必要性はあるのでしょうか。また、必要ならば国から補助金が出てもよいと思うのですが、なぜ出ないのでしょうか。 (20代・女性)

子どもの将来を考えてよく検討を

任意接種は、できれば受けた方がよいとされる予防接種で、どうするかは親の判断に委ねられます。任意だからといって決して重要性が低いわけではなく、病によっては小さい子どもがかかると重症化するものもあるので、よく検討して決めてください。

任意の予防接種は必ず受ける必要はありませんが、受けた方がよいと推奨されているものです。費用もかかり必須ではないので接種させないママも多いですが、重要性が低いわけでもありません。たとえば、インフルエンザだと毎年ウイルスの型が違いますし、小さい子どもが感染すると重症化しやすく、命に関わる場合もあります。B型肝炎ワクチンは、将来お子さんが肝硬変や肝癌(がん)にかかることを予防してくれます。(産科看護師)
現在は自宅で育児していても、就学~大人になるにつれて色々な人と接触する機会が増えます。最終的に接種させるかどうかは親の判断によるため、お子さんの将来を考えて検討してください。地域によっては、任意接種でも補助金が出る所もあるので事前に調べ、可能な範囲で、できる限りの予防接種を受けさせてあげてほしいと思います。(産科看護師)
任意接種はたしかにお金がかかりますが、その病気にかかってしまうと一生に関わるような脳症などの合併症が起こることがあります。必要性の有無を判断するのは親であり、子どもは選ぶことができないので、どうするのが子どもにとってよいことなのかを家族で話し合ってください。(看護師)

定期接種と任意接種について

なぜ定期と任意に分かれているのか、このことについて明確に説明されているものはないようだと、看護師さんは説明しています。

定期ではなく任意になっている理由が明記されたものはないようですが、私が聞いたところでは、補助が出る定期接種の場合、ワクチンを打つことでその病気を予防できることがほぼ確実であることと、副反応がほとんどないことが一つあるようです。(看護師)
たとえば日本脳炎は、重篤な副反応が出てから新しいワクチンが開発されるまで接種の推奨が取り下げられていたので、副反応が出やすいものは自己責任でというところがあるのかもしれません。また国をあげて撲滅させたい病気に関しては、定期接種で補助が出るという話を聞きます。(看護師)

定期と任意がどのように分けられているのかについては、いまいち明確ではないようです。しかし、どの病気もかかると重症化する可能性がないとはいえませんし、せっかく予防できるワクチンがあるのですから、可能な範囲で受けさせてあげたいですね。


2015/11/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)