尾てい骨

乗ると尾てい骨が痛む…産後5カ月、自転車はまだ早い?

自転車が普段の生活に欠かせない、というママは少なくありません。産後5カ月頃から自転車を再び乗り始めたものの、尾てい骨の痛みが出て心配なママから相談がありました。看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「産後5カ月頃から自転車を再開したら、尾てい骨が痛みます」

産後3カ月程は骨盤に負担がかかると聞いていたので自転車に乗るのを控えていましたが、産後5カ月頃から買い物などで、子どもをおんぶした状態で自転車を使うようになりました。しかし、片道20分程の距離に出掛けると、帰ろうとしたときにお尻と腰の間、尾てい骨の辺りが痛くなります。この痛みは、産前はありませんでした。このまま自然に治まるのか、あるいは病院で見てもらう方がよいのか気になります。(20代・女性)

個人差はあるが、産後半年は自転車を控えて

産後しばらくは自転車に乗るのは控えたほうがよいようです。その理由について教えてくれました。

おっしゃるように、産後3カ月を過ぎると自転車に乗ってもいいといわれています。ただし個人差はありますが、産後半年までは、まだ骨盤を支える靭帯が安定していないので、腰に負担をかけるようなことは控えた方がいいでしょう。自転車は、サドルからの振動が直接、骨盤にかかりますから、股関節や恥骨周囲の痛みが起こります。さらに、お子さんをおんぶして乗っているのでしたら、余計に腰に負担をかけます。(産科・婦人科看護師)

骨盤が元に戻るのは、産後数カ月から1年後くらい

出産に備えて開きやすくなった骨盤は、普段の生活を送ると数カ月から1年くらいで元に戻るようです。戻らない場合や痛みがある場合は、整体などを検討してもよいでしょう。

妊娠中から出産にかけては、出産時に骨盤がしっかりと開くようにするという生理的な反応があります。これはホルモンの影響です。産後しばらくすれば、そのホルモンの分泌はなくなるので、通常は数カ月で骨盤が安定してきます。しかし、ときどき骨盤が元のように戻らないケースもあります。(看護師)
普段のこれまでの生活習慣で元のように戻ってくることもあるのですが、ときどきそうでない場合もあります。ほとんどの場合は1年以内には戻るはずですが、それでも戻らない場合は、整体や整形外科での専門的なリハビリを行うことで骨盤が安定してきます。しかし痛くてそんなに待てない場合は、今からでも行ってみてはいかがでしょうか。(看護師)

痛むときは自転車を控えて

痛みが出るときは自転車での移動を控えましょう。受診を検討する目安や、骨盤ベルトの利用についてアドバイスがありました。

必要があって自転車に乗っているのでしょうが、痛みがあるときは控えてください。安静を心がけて痛みが治まるようでしたら心配ありません。普段の生活でも痛みが続くようでしたら、整形外科や整骨院で診てもらってください。また、骨盤ベルトや骨盤体操を行って、骨盤の歪みを矯正してください。(産科・婦人科看護師)

一般的には、産後3カ月頃から自転車に乗ってもよいといわれていますが、骨盤や股関節などの負担を考えると、半年ほどは控えたほうがよいようです。痛みがある場合は、自転車を控えて安静にし、痛みが続くようであれば受診をご検討ください。


2015/11/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)