産後頭痛

産後に生理が再開してから頭痛が…これは生理痛なの?

出産後しばらくして生理が再開すると、妊娠前の生理とは状態が違っていることがあります。相談者の方は、出産してから生理の際に頭痛がするようになったといっていますが、これは生理痛なのかどうか、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

ママからの相談:「生理痛はなかったのに、産後に頭痛が起こるようになったのはなぜ?」

もうすぐ3歳になる息子がおり、生理は卒乳後、産後1年半から再開しました。以前から生理の量は多いものの生理痛はなかったのに、出産してからは生理中に頭痛が起こるようになりました。また、以前は偏頭痛で悩んでいましたが、結婚後に仕事を辞めてからはほとんどなかったので、産後の生理再開とともに復活して困っています。あまりにも痛いので鎮痛剤を飲んでいますが、この頭痛はやはり生理痛なのか、いずれは治るのでしょうか。(30代・女性)

ホルモン分泌の影響で頭痛が起こる

産後はエストロゲンという女性ホルモンが減少しますが、これとともにセロトニンという脳内物質も減少します。セロトニンが減少すると脳内の血管が拡張され、頭痛が起こるといわれています。

生理中の頭痛の原因は、女性ホルモンのエストロゲンによるものです。エストロゲンの分泌は排卵前にピークになり生理前に減少しますが、このときセロトニンという脳内物質も減少し、脳内の血管が拡張して頭痛が起こるといわれています。(産科看護師)
母乳栄養の場合は生理の再開が遅れることがありますが、産後の生理の再開は授乳の有無にかかわらず1年以内といわれているため、1年半での再開は少し遅い気がします。産後に生理の状態が変化することはよくありますが、生理の再開が遅かったことから、ホルモンのバランスがよくないのかもしれません。(産科看護師)
女性の頭痛は肩や首の凝りからくるものと、妊娠・出産後のホルモンバランスの変化によるものの2つが主な原因だといわれています。お子さんが3歳だと体重も増えてきて抱っこをする機会が多いと、筋肉の凝りからきていることも考えられますが、生理と頭痛のタイミングが同じならホルモンの分泌に影響されている可能性が高いです。(看護師)

痛みを和らげるために、疲れやストレスをためないこと

生理中の頭痛を緩和させるためにはどうすればよいのか、以下のように看護師さんからアドバイスをいただきました。

生理中の頭痛を和らげるためには、日頃から規則正しい生活をして睡眠をしっかりとり、疲れやストレスをためないようにしてください。血行促進のための運動や、身体を温めることは避けた方がよいでしょう。痛みがあるときは、鎮痛剤を服用して安静を心がけるとよいですが、生理のたびに頭痛が起こるようなら一度、病院を受診してはいかがでしょうか。(産科看護師)

産後は、エストロゲンの減少とともに脳内物質のセロトニンも減少するため、血管が拡張して頭痛が起こるようです。タイミング的に生理痛のようですが、毎回痛みがひどいようなら、病院の受診を検討してみてはいかがでしょうか。


2015/11/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)