手足口病

2015/11/03

手足口病が治っても鼻水が出る…通園を控えるべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

手足口病が治っても鼻水が出る…通園を控えるべき?

子どもの間で流行りやすい病気の一つが、手足口病です。治ったと思われても鼻水などが出るため、病院を受診すべきか、また登園は控えるべきか悩むママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「手足口病が治っても鼻水などが出る場合、登園は控えるべきですか?」

保育園に通う1歳半の子どもが今月、風邪と手足口病にかかり、月の半分程しか通園できていません。手足口病は予防接種がなく、一度かかっても、またかかると聞き、プールの時期は感染しやすいのではないかと思います。完治してからも軽い鼻水やくしゃみをしていますが、小児科を受診すべきか耳鼻科でもよいのか、わかりません。保育園ではこまめな手洗い・うがいを指導されましたが、症状が続く場合は通園を控える方がよいでしょうか。(30代・女性)

外出してもよいかは、主治医と相談を

手足口病は、発疹が治まっても周囲に感染させる可能性があるので、外出に関しては主治医と相談するとよいでしょう。感染経路や時期別の感染力の高さなどについても教えてくれました。

手足口病は4歳までの子どもに好発し、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスの感染が主な原因です。ウイルスの種類が違うため、一度、感染して抗体ができても、違う型のウイルスに感染すれば発症します。感染経路は、経口感染、接触感染、飛沫感染ですから、プールでも感染の可能性はあります。(呼吸器科看護師)
潜伏期間は2~6日で、発熱、皮膚のかゆみなどの初期症状から1~2日で発疹が現れます。潜伏期間中でも感染力が強く、発疹が出てからは、さらに感染のリスクが高まります。発症してから10日~2週間は、感染の可能性があるとお考えください。発疹が治まっても、10日ほどは感染の可能性がありますから、外出の時期は主治医と相談してください。受診する場合は、小児科の方がいいでしょう。(呼吸器科看護師)
保育園への登園は、周囲への感染を気にしたり症状の悪化を気にするのであれば、お休みさせてもよいと考えます。もし心配であれば通園している保育園へご相談ください。(看護師)

病院へ行くかの判断は、人によって異なる

状況によって病院へいくかどうかの判断が変わります。病院に行くと判断する目安の例を教えてくれました。

鼻水などがある状況で病院に連れて行くかの判断は人によって異なります。人間は本来、ほとんどの病気は自分の免疫のみで完治させることができ、それは幼児も同じです。私の場合、症状が強いときは病院に連れて行き、治療して症状が軽くなったのであれば病院へは連れて行きません。(看護師)

感染を避けるための注意を

家族が感染したときの接し方について、アドバイスがありました。

感染中は、他の方との接触を避けてください。隔離するまではありませんが、できるだけ別の部屋で過ごし、タオルや食器などの共有は避けましょう。大人にも感染するので、唾液や排泄物がついたものは、ビニールの口をしっかり結んで捨ててください。お子さんの排泄物を触るときは、使い捨ての手袋を使用し、終わったらしっかり手洗いを行ってください。(呼吸器科看護師)

手足口病は発疹が治まっても感染の可能性があるので、外出は主治医と相談するとよいでしょう。家族が感染したら、できるだけ別の部屋で過ごすなど、感染対策を行ってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加