外耳炎

子供が外耳炎に。耳に水が入りそうですが、入浴は避けるべき?

お子さんが外耳炎になり、病院で塗り薬と内服薬を処方してもらいましたが、入浴について医師に確認するのをうっかり忘れてしまったという相談が、医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」に寄せられています。外耳炎の処置後は、入浴は控えた方がよいのでしょうか。

外耳炎の際の入浴についての相談:「子供が外耳炎の治療中ですが、入浴はどうすれば?」

4才のお子さんが外耳炎になり病院で処置をしてもらいましたが、入浴について特に医師からの説明はなかったようです。いつも通りお風呂に入れてよいのかどうか、相談者であるママは悩んでいます。

4才の子供が外耳炎と診断され、耳鼻科で耳垢をとる治療をした後、抗生物質と塗り薬を処方していただきました。耳鼻科で聞き忘れたのですが、お風呂に入っても大丈夫なのでしょうか。しっかりお湯につかってもよいのか、シャワーだけで済ませた方がよいのか、あるいはお風呂は控えて体を拭いてあげた方がよいのか教えてください。(30代・女性)

処置した当日の入浴は、控えた方がよいかもしれません

外耳炎は耳かきをする周辺の外耳が傷つき、細菌感染して炎症を起こしたもので、清潔第一です。処置した当日の入浴は控えた方がよいですが、症状が軽ければサッとシャワーを浴びる程度にし、耳に水が入らないように注意しましょう。

処置されたその日の入浴は避け、身体を拭いてあげた方がよいでしょう。その後、熱や痛みなどなければ、耳に水が入らないように注意して入浴しても大丈夫だと思いますが、一度受診した耳鼻科に電話で確認されることをお勧めします。(耳鼻咽喉科看護師)
外耳炎は、外耳道の傷に細菌が付着して炎症をおこしたものですから、耳を清潔にすることが大切です。症状が軽ければ、シャワーで優しく外側から耳を洗い流すのはよいですが、耳垂れや炎症などの症状が強い時は、お風呂やシャワーは控えた方がよいでしょう。(産科看護師)

入浴の際は耳に水が入らないように工夫を!

症状が比較的軽く入浴する際は、耳の中に水が入らないようにして、入浴後は水分をしっかりと拭き取りよく乾燥させることが大切だと、看護師さんたちは説明しています。

お風呂に入る際は、シャンプーなどが付着して症状を悪化させることがありますので、なるべく耳を濡らさないように、美容院などで使う耳用の小さなシャワーキャップがあると便利です。(産科看護師)
お風呂あがりには、綿棒やガーゼでやさしく水分を拭き取り、乾燥させてあげてください。軟膏を塗る前も、濡れたガーゼでやさしく拭いてからつけるとよいでしょう。(産科看護師)
処置をした当日の入浴は避けた方がよいかと思いますが、翌日以降お風呂に入られる際は、入浴後に耳の中の水分をしっかりと拭き取り、よく乾燥させてください。(薬剤師)

外耳炎の場合、処置をした当日の入浴は避けた方がよさそうです。しかし症状が軽い時や後日の入浴に関しては、耳に水が入らない工夫をし、濡れてしまった時はよく拭いて十分に乾燥させてあげるとよいようです。まだ4才のお子さんですと、つい気になって耳を触ってしまうこともあるでしょうから、爪はいつも短く整えておくなどしてあげてください。


2014/10/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)