ダニ・ハウスダスト

子どもがひどいダニアレルギー…漢方で改善は可能?

近年、何らかのアレルギーを持って生まれてくる子どもは多く、1つもアレルギーがない子の方が珍しいかもしれません。子どもがひどいダニアレルギーだが、漢方での治療は可能かという質問に対し、医師や看護師さんたちの回答とは。

ママからの相談:「ダニアレルギー、鼻水がひどいが漢方で症状は緩和できる?」

子どもがひどいダニアレルギーで、1年中ティッシュが手放せず見ていて可哀想です。耳鼻科では治せないといわれて処方された薬も効きませんが、せめて鼻水だけでも緩和させたいと思っています。布団はこまめに掃除機をかけ、フローリングに敷いてあったラグも捨てました。アレルギーに関する本を読み、漢方の種類が色々とあることを知りました。どこに行けば処方してもらえるのか、また効果はあるのでしょうか。 (40代・女性)

漢方薬は効果が出るまで時間がかかる

漢方薬での治療は、ゆっくりと時間をかけて体質改善を図るため、効果が現れるまで長い時間を要することがあります。処方については漢方専門店や、かかりつけ医があれば処方可能かどうか問い合わせてみるとよいでしょう。

漢方薬は副作用が少ない分、思うような効果が出ない場合や、長期に渡り服用しなければならない場合もあります。しかし、漢方で体質を改善させてアレルギーを克服したケースもありますので、西洋医学で治せないといわれたのなら使ってみる価値はあるかもしれません。かかりつけ医に処方してもらうこともできますし、漢方薬専門の病院もあるのでホームページなどで検索してみてください。(産科看護師)
漢方は、体質改善の効果を得られ症状がよくなることはありますが、効果が出るのに時間がかかることが多いため、気長に治療をしてください。漢方が処方可能か病院に事前に確認をし、最近では漢方専門の治療院もあるので、家の近くにあるかどうかインターネットで調べてみてください。(内科医師)

フローリングは掃除機の前に拭き掃除を!

絨毯よりもフローリングの方がよいですが、掃除機の排気で埃やダニを舞い上げてしまっては意味がありません。先に拭き掃除をしてから掃除機をかけるようにし、普段見落としがちな家具の上の埃も掃除しておきましょう。

ダニやハウスダストのアレルギーを予防するためには、何より掃除をすることが大事です。テレビの裏やベッドの下はダニや埃がたまりやすい場所ですし、家具の上の埃も忘れずに掃除しましょう。理想は毎日掃除をすることですが忙しくて大変だと思いますので、お子さんが過ごす時間が多い場所を重点的にするなど、優先順位を決めて負担のないようにしてください。(内科医師)
ダニアレルギー対策として畳よりフローリングの方が理想的ですが、フローリングはダニや埃を舞い上がらせてしまいます。掃除機の前に雑巾がけをしたり、掃除機の先に埃を吸い取るブラシがついたものを利用するとよいでしょう。布団は、普通の掃除機ではなく除菌のできる専用の布団クリーナーを使い、空気洗浄機やダニ除去のスプレーもあるので利用してみてください。(産科看護師)

ダニ防止のためにはフローリングの方がよいですが、埃が空気中に舞い上がってしまうのを避けるため、雑巾がけをしてから掃除機をかけるようにしましょう。漢方薬については効果が出るまで時間がかかるようですが、体質改善のために試してみる価値はあるかもしれません。


2015/11/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)