お腹ぽっこり

産後10カ月、体重は落ちたがお腹はポッコリ…まだ戻せる?

産後、増えた体重や変わってしまった体型がなかなか戻らず、悩むママは少なくありません。ポッコリお腹の戻し方についての相談に、医師や看護師さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「産後に崩れた体型と姿勢は、どうすれば戻る?」

産後10カ月です。完全母乳だったので順調に体重は落ちたのですが、お腹が妊娠線とともにポッコリと出ています。ゆったりとした洋服を着ると妊娠中とあまり変わらないような身体のラインです。よく、産後6カ月までが勝負だと聞きますが、骨盤もゆるゆるで、体型だけでなく姿勢も崩れたこの状況を治すのは可能なのでしょうか。産後はみんな、体型が元通りになるものなのでしょうか。(20代・女性)

産後の体型は戻りにくい

産後は、多くのママの体型が戻りにくくなってしまいます。その理由も教えてくれました。

産後は元の体形になかなか戻らない方が多いです。骨盤は出産のために一度開いてから戻るのですが、その戻りが悪かったり、少しバランスが崩れてしまうとお腹やお尻にお肉がつきやすくなってしまうのです。(内科医師)

骨盤矯正と適度な運動、食事の見直しを

時間はかかるかもしれませんが、骨盤矯正などを行えば体型を戻すことは可能でしょう。体型を戻す方法をアドバイスしてくれました。

骨盤を矯正すること、運動を続けることで、体型は戻るでしょう。ただし個人差があり、時間もかかるかもしれません。まずは、骨盤ベルトを使用し、体操やストレッチで骨盤のゆがみを矯正してください。整骨院で矯正してもらうのもよいでしょう。散歩や家事を増やしたりして、身体を動かすようにしてください。歩くときや座っているときも、背筋を伸ばし、お腹を引き締めるよう意識してください。(産科・婦人科看護師)
おっしゃるように、産後半年までが体重の減りやすい時期ですが、お腹の皮膚のゆるみはなかなか改善されません。肌の活性化を促すために、顔と同じようにクリームやローションを使って、お腹の皮膚のマッサージを行ってください。妊娠線予防のために使っていたクリームがあれば、保湿の意味でも使うとよいでしょう。(産科・婦人科看護師)
お腹のお肉や骨盤のゆるみに対しては、今からでもできることはあります。ただし付いてしまったお肉は、なかなか戻りません。寝る前や夕飯は多く食べ過ぎない、間食をしない、バランスのよい野菜中心の食事を摂るなどを心掛けてみてください。また姿勢を正すことや適度な運動、腹筋やストレッチなども効果的です。骨盤ベルトも合わせてしてみると効果があるときもあります。(内科医師)
今後の健康のためにも、お腹のお肉はない方がよいといわれています。お腹の肉は内臓脂肪がついていることを意味するので、動脈硬化が進み将来的に心筋梗塞や脳梗塞のリスクになるとわかっています。ウォーキングなどの有酸素運動も効果がありますので、毎日続けられるものを見つけて試してみてください。(内科医師)

出産で骨盤が開くため、産後は体型が戻りにくくなってしまいます。骨盤を矯正し、食事の見直しや適度な運動、ゆるんだ皮膚のマッサージなどを行い、少しずつ戻していきましょう。


2015/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)