体力アップ

産後、体力が落ちて疲労感が強い…体力アップの方法は?

出産をしたママは、産後もすぐに妊娠前のような体調に戻るわけではありません。しかし毎日の赤ちゃんのお世話で休む間もなく…。産後の体力低下に悩むママに対して、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「産後の強い疲労感に困っています」

産後、体力が落ちて常に疲労感があります。家事はできるだけ分散させて疲れないようにし、寝る前にはビタミン剤などのサプリメントを摂っています。食生活も規則正しく送るように心がけ、野菜を多く摂ったり、免疫力アップにヨーグルトなども食べています。しかし一日中子どもと一緒に居るからなのか気が休まらず、駄々をこねられたりするとイライラしてしまいます。ストレスにも負けない産後の体力アップ方法が知りたいです。(20代・女性)

産後疲れはホルモンバランスが関係。1年くらいで落ち着く

産後半年から1年はホルモンバランスの変化が激しく、育児の忙しさもあって、イライラしたり疲れやすいことはよくあります。約1年でホルモンバランスが整い、落ち着いてきます。

産後半年以内は、妊娠で上昇していた女性ホルモンが急激に減少する影響で、情緒が不安定になりイライラしやすくなります。産後1年経つと、徐々にホルモンバランスが整い、気持ちも落ち着いてくると思います。授乳や子育てに忙しい毎日でイライラしたり、情緒が不安定になることはよくあります。忙しくて運動もできず、家事・育児で疲弊して以前よりも疲れやすかったり、だるさを自覚するケースは多いようです。(内科医師)

今は周りの人の助けを借りて、しっかり休みましょう

今は無理せず少しでも休みましょう。家事や育児は夫や周りの人の助けを借りて負担を減らして。好きなことや身体を軽く動かすことで気分転換し、体力が回復してきたら徐々に運動を増やしたり、骨盤矯正を行うとよいでしょう。

家事や育児などは無理せず、夫と一緒にやるものと考えてください。もし夫が仕事で忙しく頼めないようであれば、自分の母親や身内などと分担するようにして、負担を軽減してください。休みたいと思うときは身体や心が疲れている証拠なので、少しの間、家事・育児から離れて睡眠をとるべきです。一定の時間に寝るだけでも改善することも。睡眠不足は精神的に、より参ってしまう原因になります。(内科医師)
子どもから目が離せず、神経質になっているかもしれませんが、子どもが寝ている間などの短時間でよいので自分の好きなことをしてください。横になって休んでもよいですし、好きな音楽を聞いたり雑誌を見たり、気分転換になることを行ってください。寝るときにアロマを利用すると、リラックスして休むことができます。(産科看護師)
ストレッチやヨガ、腹筋運動など、家でできることを試してみてください。毎日続けていると徐々に筋力もついてきますし、気分転換にもなります。(内科医師)
体調が整ってきたら、散歩や軽い体操など徐々に運動するようにしてください。骨盤の歪みも産後の体調の回復に影響するので、骨盤ベルトを使用し、できれば骨盤矯正体操を行って骨盤の歪みを修復してください。(産科看護師)

産後半年から1年はホルモンの変動が大きく、精神的・身体的に疲労感が強く出ることが多いもの。周りの人の助けを借りながら、できるだけ身体を休めたり気分転換をするとよいようです。体力が回復してきたら、運動や骨盤矯正で体調を回復していくのも一案です。


2015/11/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)