会陰切開の傷

会陰裂傷・腟裂傷の症状と原因

膣と肛門の間を会陰部といいますが、会陰裂傷や膣裂傷とはどういう状態なのでしょうか?また、その原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?今回は、出産の際に起こり得る会陰裂傷や膣裂傷の症状とその原因についてご紹介したいと思います。

会陰裂傷とは?

会陰部は妊娠中からホルモンの影響で柔らかく伸びやすくなっているのですが、お産の時には紙のように薄くなってさらに伸びます。そのため、赤ちゃんの頭が出る勢いで会陰部が限界まで引き延ばされると自然に切れてしまうことがあり、これを「会陰裂傷」といいます。会陰裂傷は出血を伴います。

会陰裂傷の度合いについて

会陰裂傷はその程度によって4段階に分類されます。

・第1度会陰裂傷
会陰部や皮膚、膣壁の粘膜が表面のみ裂傷した状態。かすり傷くらいの軽度なもの。

・第2度会陰裂傷
皮膚だけではなく、その下の筋肉層にまで損傷が及んでいるもの。この第2度会陰裂傷まではよくみられる裂傷といえます。

・第3度会陰裂傷
会陰から肛門括約筋まで損傷が及んでいる状態。治療には手術を必要とする場合があります。

・第4度会陰裂傷
会陰から肛門、直腸粘膜にまで傷が及んだ状態。治療には手術を必要とし、手術時間は1時間以上かかることもあります。

ちなみに経産婦の場合は会陰が伸びやすくなっているため、会陰裂傷に至ることは少なくなります。

腟裂傷とは?

会陰裂傷から連続して起こる場合もありますが、多くは膣の粘膜から筋肉までが切れた状態を膣裂傷といいます。特に膣壁両側のヒダの薄い粘膜に裂傷が起きやすく、膣の一番奥、直腸と子宮の間などにも起きることがあります。また、裂傷が深い場合は直腸粘膜が損傷することもあります。

会陰裂傷と膣裂傷の原因について

初めてのお産や、高年初産で会陰が伸びきらないため起こりやすいとされています。また、赤ちゃんの頭が通常よりも大きい場合や逆子の場合、吸引分娩や鉗子分娩などの急速に分娩が進んだ場合などに、会陰部に負担がかかり裂傷が起きやすくなります。

会陰裂傷の処置について

会陰保護といって、娩出時に助産師さんが会陰部を手のひらで押すようにして裂傷が起こらないように防ぐことがあります。また、自然に裂傷ができると傷口がギザギザで縫合しにくく、治りも遅いため、あらかじめ人工的に会陰を切開することもあります。これを会陰切開といいます。会陰部の伸び具合や、赤ちゃんの状態をみて、医師が必要と判断したときに行なわれます。


2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事